2013_10
09
(Wed)00:00

決定的瞬間(かも)



夜明け前




真っ赤な雲と黒い雲












お昼過ぎ






真っ赤なライトと黒い車(覆面パトカー)














ん?もしかして、これって、なんか決定的瞬間っぽい?














などと、運転中にシャッター切るのはやめましょう






って言うか、もうちょっとゆっくり(詳しく)見たかったわ~




(* ̄m ̄)プッ



 
スポンサーサイト
2013_08
20
(Tue)00:00

ハリケーン



値段の安さにつられ週に何度も行くスーパーには




開店9時からの朝市、夕方5時からの夕市に加え





メルマガクーポン(100円)も配布されるだけではなく




4時からは「ハリケーン」と言う激安タイムセールがあり




目玉商品は日替わりで6種類、それぞれ先着30名(全部食品)




1つが売り切れれば次の商品に、と場所が移る店内数箇所時間差販売で




買い物客の行列の大移動もあり、で店内は熱気であふれかえり




その有り余る熱気はもはや殺気に近いものもあり、まさに「ハリケーン」




今日の1番人気はキュウリ1袋100円




私は買わないので(近所の直売所で買う)定かではありませんが





パッと見、1袋に5~6本以上は入っていたでしょうか




あっという間に売り切れたのち、その売り場は次の商品のための行列が出来始めていて




これもまた興味のない「味付け海苔」だったので通常買い物(お買い得品)をしていると





行列あたりから甲高い母親の声が聞こえました




「○○ちゃん!早くこっちに来なさい!」




見れば幼稚園児ぐらいの男の子





「どこへ行ってたのよ、あんたがいないから心配になっちゃって



行列からちょっと外れた隙にキュウリが売り切れちゃって買えなかったわよ!」






すると母親の強烈な罵声が怖かったのか(怖いよね)声も出さず泣き始めた息子に対し






「あー、いいよいいよ、もう泣かなくていいよ」








「泣きたいのはこっちなんだから!」

(キュウリが買えなくて)













; ̄ロ ̄)!!











あまりの大きな声に、いったいどんな顔で我が子を怒鳴りつけているのだろう





と一瞬気になったものの、母親と目が合ってしまったら怖いので






静かに遠い売り場へと離れた管理人なのでした







( ̄ー ̄; ヒヤリ





2013_05
17
(Fri)00:00

(‘jjj’)/




「楽しかったオットの早出」(爆)も最終日




今日は自宅持ち帰り仕様に2種、2台焼き








(バニラとミルクティー)







私のシフォンのファンだと仰る世にも奇特なご夫妻のオフィスにお届けし














ゴルフの話とか




ゴルフの話とか(他に話はないのか)しているウチに













そろそろ軽い練習でも始めてみようか





と、倉庫の中で放置され埃まみれのバッグを退かしたところ





後ろの棚から微かな記憶さえ浮かんでこないほどのブツ発見??





それも新品、手付かず?ä














購入履歴を調べてみたところ買ったのは2010年4月21日と・・・







ってことは、さ、3年前?






















じぇじぇじぇー(‘jjj’)/

(NHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」 天野アキちゃん風に)








果たして劣化はしていないのか





ちゃんと飛距離が出るのだろうか





と若干の不安がよぎりますが





その前に「当てられるのか?」が一番の悩みだったり致します・・・(爆)









(履歴によると「箱つぶれ訳アリ超特価品」だった模様Ф


2013_01
21
(Mon)00:00

オバさまへ


週初めの昼下がり



新宿駅山手線ホームには途絶えることない人の波でホームは混雑していました



たったの数分、電車の到着を待つ間にも列は伸び



着いた電車の中からドドドっとホームへ人の流れが終わるやいなや



ドアの両脇から車内へと急ぐたくさんの乗客



私は座る場所もないし、荷物を持っていたのでドア横の手すりにつかまって発車を待っていました





が、目の前のホームには4人のオバさまが




しかも乗ろうかどうしようか迷っているのが見て取れました







「ねえねえ、もう1台待つ?これじゃ座れないわよ」




「え~、この混雑振りじゃ次の電車も同じじゃない?」





「そうね~、じゃあ乗ろっか」




などと話しているうち発車のベルが鳴り、ドアが閉まろうとしたそのとき




2人のオバさまが車内に飛び込んできました




そしてそれに続いてもう1人のオバさまも乗り込もうとしたところ




体半分がドアに挟まれそうになり車内にいた誰かがオバさまを引き込んだのですが




ホームに残っているもう1人のオバさまも連れてこようとでもしたのでしょうか




まるで恋人同士が無理やり離れ離れにされているかのように




左手を、それも指先まで、浅田真央ちゃんのようにキッチリと伸ばしているではありませんか




(なぜそこまでする 爆)




私は「危ない!」と言ってオバさまの腕を引っ張ろうとしたのですが間に合わず




指先は予想通り、ドアに挟まれたのでした




それでも自力でドアから指を抜き




(痛くないのか、それとも感じないのかは定かではありません 爆)




最初に駆け込んだ2人と何事もなかったかのように世間話を始め




しばらくすると思い出したように




「○○さんは、池袋で待っていればいいわよね」と・・・。





そして2つ駅目には座席も空き、嬉しそうに座るオバさまを見て思いました





他人をハラハラさせながらも捨て身でも赴くままに強く生きるそのお姿









ほっっっっんとに









迷惑ですからっ!












目の前で指がちぎれる目撃者になったらどうしようと焦った小心者の管理人より






(*≧m≦*)プププw












   




2011_08
29
(Mon)00:00

ボク



景気の悪化と共に「飛び込み」の営業マンも珍しくなったこの頃



私からすれば「ボク」と呼びたくなるような方がお見えになり



「この地区の担当になりました、○○社長にご挨拶させてください」



とのことでしたが社長は不在だったのでその旨を告げると



「そうですか、解りました、失礼致します」とあっけなく帰られたのですが



夕方、自己紹介の紙と名刺がポストに入っていたのに気づき、見てみると



某国立大学を出られたスポーツマンであることが判明??



は、いいんですけど・・・



ねえ、ボク・・・




ボクはウチの社長と・・・




お友達・・・









デスカ?














(*≧m≦*)プププw





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。