FC2ブログ

Photo Gallery



何日ぶりかで青空が見えたので




通勤路を会社近くの川沿いルートに変えると




遊歩道にある桜が満開でした。




が、こんな風景を見てしまうと





「お出かけしたい病」があらわれる管理人でございます。
(仕事はどーする!)






IMG_0114.jpg




(;^_^A





スポンサーサイト
 

所用ついでに上野公園へ



ueno1.jpg




桜は満開と聞いていましたが5~6分咲といったところでしょうか。




ueno2_201903291649524f3.jpg



そして生憎の曇り空と大混雑。



色々な国の言葉が飛び交っていました。




ueno3_20190329164954e20.jpg



混雑は苦手なため場所を不忍池へ、と移すと



こちらも満開とまでにはいきませんでしたが





ueno5_20190329164957d58.jpg



あら、チロルさんお久しぶり~


aisatu1.jpg





こんにちは、とユリカモメが出迎えてくれました(ワケない)




aisatu2.jpg




池のほとりではおさるさんが芸を披露していましたが



寒さにめっぽう弱い管理人






osarusan.jpg




とっとと帰路につき、来週の予定を組みなおした模様です。
(また行くんかい!)





ueno4_2019032916495544b.jpg



( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


 



11月3日 快晴




久しぶりのお出かけは半年以上前からYちゃんと約束していた




3年ぶりの入間航空祭





2018iruma88.jpg
(念願の真ん前に陣取れたF2さま)




.゚+.(・∀・)゚+.





2018iruma131.jpg






今年は入間基地開設60周年とあって





特別塗装の紅白T-4や





opening3.jpg




外来(他の基地)機も多く見受けられましたが





2018iruma114.jpg
(胸の「百」の文字がポイントの百里基地のキャラクター”ひゃくりん”を乗せて飛来したU-125A)





今回どうしても見たかったのは




ダイヤモンド隊形の先頭に位置し、後ろの3機を率いる





2018iruma54.jpg





圧巻の存在感で観客の上空を悠々と飛行する





2018iruma52.jpg





特別塗装(歌舞伎塗装)機





2018iruma51.jpg





C-1輸送機でございます。





2018iruma56.jpg
(通常塗装機と特別塗装機のコラボ)




☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆





遡ること3ヶ月ほど前。




2018iruma57.jpg




体調が変化しはじめていることを感じながらも




2018iruma58.jpg





夏の疲れ(飲み過ぎではない、とは言い切れないかも)が来たかな?





2018iruma115.jpg
(C-1普通塗装機からパラシュート投下1回目)




と安易に考えているうちに体調は崩れるように悪化し




2018iruma116.jpg
(同じく2回目は大量投下)




かかりつけの病院で診察を受けるもこれと言った原因は見つからず





2018iruma113.jpg
(数えてみたところ20もの落下傘が!)




これではいけない、何とかしなくては、と思うも体が思うように動かず




2018iruma64.jpg
(シルバーインパルスとも呼ばれるT-4と紅白機)




さすがにカービングをする気力も全く失せ




2018iruma61.jpg





manoaのお散歩も短めに済ませるようになり(もともと短いけど 笑)




2018iruma133.jpg




食欲も落ち、ダイエットしても大して減らない体重が順調(?)に減り始め




2018iruma97.jpg
(7機揃ってのクリスマスツリー)




これはたたごとではない・・・




2018iruma1.jpg
(以下、ブルーインパルスの曲芸飛行)




もしかして私はこのまま朽ち果ててしまうか?



・゚・(つД`)・゚・








2018iruma5.jpg




だったらまずは身辺整理をしなくては、と





2018iruma20.jpg




寝てればいいものをクローゼットの中を片付けてみたり




2018iruma16.jpg




換気扇のファンの隅々まで掃除してみたりと




2018iruma12.jpg




いつもなら後回しにしてしまう事をやることで苦しさを忙しさで紛らわしていたある日





2018iruma7.jpg




もしかしたら!、と思い当たることがあることに気づき





2018iruma6.jpg


再び診察を受けると「すぐに投薬する程ではないから1ヶ月様子を見ましょう」との診察結果に




2018iruma31.jpg




様子見してたって良くなるはずがない、これは自分でなんとかしなくては




2018iruma32.jpg




と、一応原因と思われる状態の解決方法をネットでいろいろ検索していたところ




2018iruma91.jpg




これはダメ元でもいいからやってみる価値はあるかも、と言う複数の記事を見つけ





2018iruma90.jpg





翌日から実行すること1週間




2018iruma85.jpg






あれ?そういえば、苦しさが若干和らぎ始めたかも、気のせいかな?と思いつつ2週間





2018iruma86.jpg




横ばい状態というのでしょうか、それからは目だって良くなることもなく




2018iruma19.jpg




やっぱりこれ以上良くなるには半年以上かかるかも、と気持ちが落ち込みつつも3週間





2018iruma18.jpg




いや、数ヶ月苦しんだことがわずか数週間で良くなるなんて無理があるに決まってる





2018iruma2.jpg




石の上にも三年って言葉があるじゃない、とりあえず3ヶ月は続けてみよう。




2018iruma92.jpg




気がつけば4週間という時間はあっと言う間に経ち




2018iruma87.jpg
(渋すぎるF2の機長さま o(≧ω≦)o )





1ヵ月後と言う約束どおり診察を受けたところ



2018iruma95.jpg




「ああ、これなら何の問題もないですよ、投薬も必要なし」と。




2018iruma122.jpg



その言葉に安心したのも手伝ってか




2018iruma123.jpg
(自衛官募集って・・・・いつ用意したのか・・・笑)




2ヶ月が経つころから苦しさは急速に消え始め




2018iruma41.jpg




お陰でYちゃんとの約束を破らずに済んだ事に安堵し




2018iruma1288.jpg
(近所から苦情が来ないよう(?)バイバイもせず青森三沢基地にお帰りになったクールなF2さま)




ほぼ1日中カメラを握り締めていられるようになったことに感謝しつつ





2018iruma1266.jpg




3ヶ月のブランクを取り戻すべく




2018iruma96.jpg




1ヶ月の予定(仕事ではない)をギッシリと詰め込んだのでした(何故そこにたどり着く)




2018iruma46.jpg
(バイバイ(尾翼フリフリ)しながら石川県小松基地へ帰投されたF-15さま)




おしまい。




(*σ´Д`*)




丁度1週間前のこと



スマホの着信音が鳴り見ると姉さんからだった。




「あのね、箱根のアジサイと電車の写真が撮りたいの」




ああそうですか、気をつけていってらっしゃい、と言いたいところをグッと我慢して(ないけど)




話を聞けば3日後の土曜日に行きたいと。




ajisai1.jpg



アジサイなんて何処にでも咲いてるじゃん、と思いつつ妹は従順なので(どこが?)



はい、解りましたご一緒します、では計画は姉さんが立ててくださいね、とお願いし




あっと言う間に当日はやって来て




予定の電車に乗りこもうとするもかなりの混雑振りに




「んじゃグリーン車乗っちゃおうか」と。





ajisai4.jpg




もちろん従順な妹は逆らうことなど出来ませんので乗り込むと




greensha12.jpg




「昨年行ったときのだけど参考にどうぞ」と箱根登山鉄道のパンフレットを渡され




電車の乗り方や撮影スポットなどなど熱く語っているのを聞いて(半分ぐらい)いるうち






greensha_20180613161853a5d.jpg




景色はどんどん移り変わり




kawa11.jpg



海が見えてきた!





odawara_20180613161900a3d.jpg




と思った数分後「右に見えるのが箱根連山よ」と百名山を制覇した姉さんが教えてくださり




odawara3.jpg



あっと言う間に小田原に到着でございます。




odawara4.jpg




ここから電車を乗り換え箱根湯本まで向かうのですが




hakoneyumoto.jpg




天気はピーカン晴れ(姉さんと出かけるときはいつも晴れ)





odawara6.jpg






当然気温はグングン上がり、厚めに塗った日焼け止めとファンデーションが




雪崩状態にならないかと朝から心配で仕方がなかった管理人(きみまろ様のネタになっちゃう 笑)





odawara2.jpg





おりしもアジサイ祭りが開催されているとあってほぼ満員の登山電車に揺られ





hakoneyumoto5.jpg





ふと目に映ったのはつり橋、こんな高いところにつり橋があるなんて


(のちにつり橋は旅館に行くためだけに作られたと知る)




turibasi2.jpg






と一つ目の駅を過ぎスイッチバックの場所に差し掛かると電車はスピードを落とし



そして止まり、見れば先ほど渡ってきた鉄橋とつり橋が見えるではありませんか




ajisai13.jpg





ああ、姉さんが写真を撮りたいと言っていたのはこの景色なんだ





でも行くの大変そうだし第一山道(登山とか)苦手だから何も言わないでおこう、と貝になる妹ww






oohiyadai.jpg




数分後、目的の大平台駅に到着




時刻は11時を過ぎた頃








ajisai3.jpg




濃い新緑が太陽光線によって反射した車体がとても美しく





ajisai7.jpg




ホーム脇にひっそりと咲いているアジサイを撮っただけで満足してしまった妹ですが




ajisai9.jpg





「こっちよこっち!」




densha3_20180613161843ab7.jpg




と階段を上り、姉さんの後を歩くこと3分ぐらい
(後にホームからここまで数十秒の道があったことを知る 笑)




densha4_20180613161845a8c.jpg




ジリジリと太陽が照りつける中、電車を待ち受ける姉妹。




densha10_2018061316184940a.jpg




上ってくる電車下っていく電車



densha8_201806131618487eb.jpg




両方を撮りたいがため



densha5_2018061316184786d.jpg




小道を降りたり上ったりの連続に




densha1_20180613161842ffe.jpg





日陰から一歩も動くことが出来なくなった妹。




一方「撮れた~撮れたワ」と嬉しそうにVサインをするタフすぎる姉。




wwwwww





densha22_201806131618527bb.jpg





一通り撮って納得したところ(姉さんが)でお昼と休憩にしましょう、と箱根湯本に戻る途中(1駅だけど)







tounosawa.jpg





駅に直結している深沢銭洗弁天様に参拝すべく



zeniara3.jpg




鳥居をくぐり抜けると同時に森の中に迷い込んだような静寂さが。



zeniara1.jpg




さっきまでの暑さはナンだったんだろう、と思うほど涼しい風が通り抜け



zeniara7.jpg



手を清め、口をすすぎ




zeniara5.jpg




清らかな湧き水で小銭を洗わせて頂きました。




 (-人-;) 





zeniara4.jpg





湯本駅からは送迎バスにて日帰り温泉が楽しめると言う「箱根湯寮」に到着。






hakoyu1_201806131618569dd.jpg





食事と温泉がセットになった割引プランを選び




onsen1.jpg





衣が見事な天ぷらそばを頂き





hakoyu3_20180613161857121.jpg




次は温泉でゆっくりしましょうと露天岩風呂に入っていたときでした。




唐突に姉さんが話し始めました(姉さんはいつも唐突ww)





「私、解ったの」




(; ̄ー ̄)...は?




「写真の撮り方が解ったの」




そう、それは良かったじゃないですか~。




「だからもう一回撮りに行く」







hakoyu4_20180613161858cda.jpg



Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン




撮りに行くって言ったって今から?




「そう、今から。






温泉はもういいわ」








( ̄□ ̄;( ̄□ ̄|( ̄□ ̄||( ̄□||||カガ゙ガーン!!






tonneru1.jpg




仕方ありません、姉さんの仰ることは絶対ですから。






温泉に入って3分しか経っていなくても




妹はいつも従順でなくてはいけません。



(-_- )ヤレヤレ( -_-)o





ajisai27.jpg





急いで着替えを済ませバスで駅に戻り帰りの切符を買い求め
(そうでなければいつ帰れるか解らないから 笑)





電車に乗り込みましたが時刻は午後3時を過ぎていたため電車内はガラガラで





ajisai28_20180613161839b7f.jpg





お陰でトンネル内を撮影できたり






若いイケボの車掌さまのアナウンスをじっくり聞いているうちに駅に到着し






ajisai26_20180613171528006.jpg




「やっぱり西日じゃダメかしら」といいつつ




パワー衰えることなく撮影に励む姉さん。




(゚∀゚)





ajisai32_20180613161841aa2.jpg





さすがスーパーレディでございますww





ajisai23_201806131716548b1.jpg




気がつくと時刻は4時を回っており



帰りの発車時刻まであと30分しかないことに気づき



さすがのスーパーレディも撮影を諦めてくださいましたが



ajisai30.jpg




来るとき、つり橋に人影が見えたため




turibasi5.jpg




こんなところで何をしているのだろう、と帰ってから画像を拡大してみると・・・



もしかしたら来年は姉さんのこんなお姿が撮れるかもしれない、と一瞬思いましたww






turibasi7.jpg




なんとか発車に間に合った姉さんを見送り




楽しかった1日を振り返りると一つだけ不満なこと、それは・・・




romansuka-.jpg




駅から歩くことを考えて3本しか買わなかったこと、だったり致します。




beer1.jpg

(秩父麦酒より口当たりが柔らかだった箱根七湯ビール)





ってことで、今宵も ( ̄ノ日 ̄) グビグビ ですわ~♪





(o ̄ー ̄o) ムフフ



  
ちょっとね、お出かけしてきました



いわゆる「ヤボ用」ってヤツなんですけどね




kagayaki.jpg



新幹線、イイですよね~




テンションも上がって普段から「贅沢は敵!節約せつやく!」が口癖のくせに




バカ高い珈琲なんか買っちゃったりして




結果、あとで後悔したりするんですけどね




( ̄w ̄) ぷっ




hotocofee.jpg





途中、富士山が見えてくるとテンションはMAX




ブロガー魂とも言えるべく



写真撮影に燃え窓にベッタリ張り付いてカメラを離しません(アホだ)




( ̄w ̄) ぷっ




hujisan.jpg




今日はお天気もいいし帰りは夕日を浴びた富士山が撮れそう♪



ブログにアップするのが楽しみだわ~♪




なんていつもの取らぬ狸の皮算用



( ̄w ̄) ぷっ





hujisan2.jpg




で、用事をサクッと済ませたあとは




景色の良い場所で和食など頂いて





shokuji.jpg




ちょうど夕日の綺麗な時間に合わせて帰りの列車を選び



させと、あとは写真を撮るだけだわ



と、悠々構えるも



manoaのお留守番が心配でギリギリまで家にいたため



駅まで大きな荷物を持って猛ダッシュするはめになり



((((((((((((((((スタタタタタッ ヘ(* - -)ノ




加えて電車は通勤時間と重なって大混雑



ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!



結果、荷物が壊れないよう体でカバーしながらの体勢を強いられ



上野駅に到着する頃には疲労困憊



ヽ(  ̄д ̄;)ノ ハラヒレホロヒレハレーー



の疲れが一気に出て




どこが夕日を浴びた美しい富士山なんだ!




と言う結末に相成りましたのでございます。
(ブロガー魂はどうした)





yuhuji.jpg



(; ̄ー ̄川 アセアセ



WHAT'S NEW?