2015_07
11
(Sat)17:08

蝶々



好きだった湯島のお店で



まずは自家製果実酒(杏)





IMG_2677.jpg





ホワイトピュアコーンの冷製スープ仕立



supu.jpg






鴨のコンフィといちじく クリームチーズ

金時芋豆腐 鯛昆布〆と桂瓜の鳴門巻 鱚おかき揚げ

もずく酢 新蓮根煎餅 たこ柔らか煮





IMG_2685.jpg




薄葛仕立
真鯛蓮蒸し 千石豆 針生姜




IMG_2691.jpg




お造り 盛り合わせ

土佐醤油 沖縄産釜焼き塩




IMG_2697.jpg




活鮎炭火焼き 本たで酢 若たで酢





ayu.jpg






江戸前煮穴子 冬瓜 石川小芋 白ずいき

旨出汁あんかけ 山椒



IMG_2703.jpg




とうもろこしかき揚げ 鱧・山うど・加茂茄子天ぷら

天出汁 抹茶塩




IMG_2709.jpg




土鍋鮎御飯は




IMG_2712.jpg






香物と



IMG_2718.jpg




赤だしで




IMG_2720.jpg





デザートは自家製桃アイス 吉野本葛わらびもち 季節のフルーツ(メロン) 





IMG_2725.jpg



本堂での法要の後


ご住職の読経が流れる墓前で


ふと気がつくと白い蝶が一頭


お墓の周りをつかず離れずヒラリヒラリと・・・


それは読経の間、続いておりましたので


あ、オットが来たのだ、と思いました。




蝶々





子供のころ、暇を見つけては山に入り


勉強はそっちのけ、夕方暗くなるまで蝶々収集に没頭し


将来は蝶々の研究家になりたかった時期があり


見たこともない蝶々を採取したものの大人の勝手で結局は名づけ親にはなれなかった。


そんな話を何度か聞いていましたので、お墓の周りだけを舞う蝶がオーバーラップして


その光景が不思議とは思えませんでしたが


何も知らない妹の目には「何でだろう、何で蝶が逃げずにいるのだろう」とずっと思っていた


と、美味しいお料理を食べながらの姉妹トークは


ノンアルコールビールを飲みながら思いっきり弾んだのでした。


(ちなみに妹もワタクシに負けないぐらい能天気だったり致します)



 ̄m ̄ ふふ



スポンサーサイト
2014_08
17
(Sun)18:02

病み上がり


今日で世間でいうところのお盆休みは終わり


でもウチは貧乏なのでお盆休みと言うものもなく


いつもどおりの毎日だったのですが


お盆休みが始まった13日に「オット」と呼ばれる面倒な人物が風邪を引きました。


何が面倒かと言うと熱にめっぽう弱く


36.7度ぐらいまで上がると「ハアハア」し始めます



P1140082.jpg



そこでさっさと病院に行けばいいものを


絶対にありえない「気力で直すから!」と言い張るので


市販の風邪薬とユンケルを購入したものの


予想通り市販薬の効き目では追いつかず


症状は鼻水から頭痛へ、そして喉へと移り


幸いにも発熱するまでには至らず、でも


夕食は「喉が痛いし、体に優しいおかゆがいい」と。





P1140101.jpg



そういえば昔、私が高熱を出し扁桃腺を腫らし寝込んでいたとき


お昼ごはんに、って


トンカツ弁当


を買ってきてくれましたよね



P1140109.jpg



そう、トンカツ


真っ赤に腫れた扁桃腺にグサッと刺さりそうなぐらいサックサクにとんがってましたっけね、衣。




喉を通す勇気がなくてしばらくの間見つめてましたっけ、パン粉。




その時の優しい思いやり













忘れたくても忘れられません

(笑)

(注 この話は楽天ブログでも一度書いています←ネタ使いまわしってこと?←まあそんな感じ←(* ̄m ̄)プッ)





そんなことを急に思い出しちゃって、何かそれを上回るものはないかと考えましたが



面倒臭いので止めました(爆)






P1140105.jpg




そして今日、ようやく喉の痛みも良くなったから普通のご飯を食べると言うので



ファミリーレストランに出向きメニューを開き



「病み上がりだし、栄養もタップリで喉にツルツル入っていくコレがイイわよ♪」




などと言い、勝手に注文した優しい鬼嫁(どっちだよ)だったのでした。





IMG_0162.jpg

温泉卵とシャキシャキ野菜の冷やしタンタン麺


程よい酸味のピリ辛ゴマダレタンタン麺

ピリ辛のスープが食欲をそそります(メニューブックより抜粋)




ピリ辛、どころか結構辛かった模様(ちょっとゲホッってた)

( ̄w ̄) ぷっ


2013_09
22
(Sun)00:00

お供え物




オットは甘いものが大好き



ケーキも好きだけど和菓子、特に羊羹なんか大好物



私が羊羹や最中が苦手で買わないため頂き物なんかあれば大喜び



でも年がら年中頂き物があるわけではないので「お好きなだけどうぞ」状態でしたが



ある日、体調不良で病院に駆け込むとまさかの「糖尿病の疑い」発覚




処方された薬は1種類だけでしたが1ヶ月に1度の通院と検査は時間がかかるため




菓子だけではなく、ざるそばやぶっかけうどん大好物、ご飯は明太子があれば他になにもいらない



みたいなインシュリン出しまくり、メタボまっしぐらな食生活だったのを




食後高血糖が、心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を起こす危険因子として確立され




一日における、食前・食後・空腹時など血糖値の変動幅が大きいほど酸化ストレスが増強し




動脈硬化のリスクとなる事を知り、糖質制限をすることを決断したわけですが




やはり慣れ親しんできた食生活を変えるのは並大抵の事ではなく・・・。




それを補ってきたのがスイーツでした



以前からカロリーゼロシュガーを使ってのスイーツは食べていたので抵抗はありませんでしたが




スーパーで大福餅やおはぎを見かけると「美味しそう♪」みたいな表情を浮かべるわけで





でも鬼嫁はそれを絶対に許さないことも知っているわけで(笑)





フルーツも果糖が含まれているゆえグラム(糖質)を計り~の、だったり





なんだかんだと言いながら血糖値は正常値に戻ったため検査も薬からも離脱でき





市販のスイーツも成分表を確認し、ちょびっとずつ解禁OK






折りしも秋の彼岸でございます





お墓参りは当然のこと(今日、朝イチで行ってきました)




ご仏壇のご先祖様にはお供え物を差し上げますが




それを目ざとく見つける酔っ払い配偶者




「食べていいか?」と飲みすぎオット





「美味いな~、あ~美味~い?




それはまるで戦時中の日本の子供が初めてお菓子を食べた時のような顔で言いますから

(テレビや映画なんかで見かける、チョコレートを貪りつくような感じ 爆)






まあね、喜んでくれるのはいいのですけどね








ごめんなさいね、ご先祖様









たったの30分しかお供えできなくて











(あっという間にお供え物からオツマミに変身した和菓子)



(*≧m≦*)プププw




pandaani56.gif




シュガーカットゼロが安~~~~~いっ!!!


2013_03
30
(Sat)00:00

おかげさまで


仮入院から9日目









ようやく食事が摂れるまでに回復したとは言え




好き嫌い大魔神が食せる内容ではなく




本人曰く「軽いイジメだ」と









(* ̄m ̄)プッ





それでも点滴効果のお陰でさらに回復し




ようやく固形物が出されるも




口に出来たのは温泉卵とお豆腐とヨーグルト






本人「拷問だ」













(* ̄m ̄)プッ





結局、まだ流動食しか摂れないのね




と冷やかしているうちに





めでたく(そんなに目出度くもないけど)本日無事出所退院礭






それよりも・・・






manoaと二人(ふたり?)1週間ありあわせのおかずで楽々過ごしてきただけに





今夜からのご飯作りが





ああ・・・




ああ・・・




面倒くさいかも・・・いや確実に面倒臭っ!



(*≧m≦*)プププw














   




2013_03
25
(Mon)00:00

院内カルテ



きっとね


 



優しい口調ではなかったでしょう






小さな声でもなかったでしょう






さぞかし執拗に詰め寄ったでしょう






なのに丁寧に接してくださり







仕事とは言え








担当看護師さまには本当に頭の下がる思いでございます。












次回に続く












   




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。