2009_06
03
(Wed)00:00

鉄板焼キュイジーヌ 「笹繁」


 




行ってまいりました「ギロッポン」












来る6月4日が「忍耐記念日(?笑)」ですので、早めですがこちらのお店を選びました


オーナー自ら産地、生産者を訪ね探しこだわりの素材を使った鉄板焼きのお店「キュイジーヌ笹繁」






      








何が嬉しいって「お箸」の食事が一番だったりいたしますわね?













先付けのスモークサーモンからお食事(コース)がスタートでございます












採りたてのコーンと豆乳のさらりとしたスープ













素材どうしが味の邪魔をしないように計算されて作られた真鯛のカルパッチョ














このあたりで生ビールから白ワインに切り替え・・・












4種の薬味も揃い、いよいよ鉄板焼きの登場でございます













まずは塩胡椒で軽く味をつけ、シンプルに焼き上げた旬のお野菜3種


瑞々しく香りも甘みもはっきりわかるお野菜でございました(長いも・ナス・エリンギ)












続いて出てまいりましたのは、活鮑 肝ソース和え


フワッと柔らかなアワビは、仲の良い夫婦と言えども取り合い必至、それほど美味で・・・


ええ、箸と箸とのバトルが「少々」ございました・・・(゚m゚*)プッ














そして肝がね・・・濃厚な肝がね・・・





こんなにたくさん!?ä














は~、口の中は既に三陸海岸丸かじり?(←貧弱すぎる表現?Ф






と、アワビに酔いしれているのも束の間、次なる焼き物が運ばれてまいりました



外はカリッと、中はふっくらジューシーに焼かれたフォアグラのソテー











あまりの美味しさに、ひたすら・・・ひたすら・・・ひたすら無言で味わうのみ・・・(笑)






















さて、私事ですが、いつも暖かなメールを下さるタイガー欽一さま



タイでは日本の食材が手に入りにくいとのことですし・・・



日記をご覧になるのはこのあたりでやめておかれたほうがよろしいかと存じます。




これから下は・・・








目の毒ですから♪(笑)
 










アワビの余韻を楽しんでいるうちに運ばれてきたのは「うに焼飯」


韓国海苔にお醤油味のご飯、甘~いムラサキウニが乗せられ自分で巻いていただくのですが・・・

















ウニの量が多すぎて一口じゃ入りきらないし、海苔からはみ出しちゃってこぼれそうで



もう大変だったんです、ホント・・・って、許して~!?Ф







そしていよいよ本日のメインメニューの登場でございます。




店主自ら国産銘柄牛を食べつくした上で選ばれたと言う


南信州・特選飯田牛のサーロインステーキでございます
















きめの細かい見事な「サシ」がお分かりいただけるでしょうか?




ただひとつ、困ったことに・・・


















噛めないんです!
























だって、口の中に入れただけで融けちゃうんですもの・・・「お・に・く」がね??(笑)












ほとばしる肉汁攻撃をまともに受け、ワインも気がつけば空っぽに・・・




ここで〆のお食事が登場でございます





こちらのお店は「鉄板焼き」のお店、鉄板焼きといえば?




お好み焼き&踊る鰹節(笑)でございます・・・それもボリューム満点で・・・(笑)(笑)











すかさずキンキンに冷えたミネラルがサーブされましたので











気持ちも新たに食材とシェフに感謝、そして敬意を表し「完食!」 



デモホントウハメチャメチャクルシカッタンデス・・・













デザートは濃厚な杏仁豆腐(パンナコッタかな?)フルーツ乗せ(センビキヤヨリアマカッタデス。。?











日本茶を入れて頂き、本日のお食事会は感動のまま、つつがなく終了したのでございます。













が、お腹が苦しくて満員電車に乗る気にもなれず、すこし散歩などしてみたのですが


さすがギロッポン、東京のはずれでは見ることが出来ないであろう珍しいものばかりで・・・














界隈を1時間近くもウロついていたのは間違いなくワタクシタチでございます!Ф







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。