FC2ブログ

Photo Gallery



むかしむかし、天帝という神様が星空を支配していた頃


天の川の西の岸に、織女という天帝の娘が住んでおりました


織女は機織り(はたおり)がたいへん上手で、彼女の織った布は雲錦と呼ばれ


色も柄も美しく、丈夫で着心地も軽い、素晴らしいもので


皆が欲しがるのを見た織女はそれが嬉しくて、せっせと機を織り続けるのでした



一方、東の岸には牛飼いの青年、牽牛が住んでおりました


牽牛は、毎日、天の川で牛を洗い、草を食べさせたりと、よく牛の面倒を見る働き者でした








天帝は化粧もしないで一日中機織りばかりして来る日も来る日も働いている娘を見て


このまま嫁にも行けぬのではないかと心配して、娘の結婚相手を探すことにしました


そして、天の川の向こう岸に住む牽牛を見つけると、2人を引き合わせ…





「おまえたち2人は、まじめによく働く

牽牛よ、わしの娘、織女と夫婦(めおと)にならぬか?」

 


牽牛は恐縮しながらも




「天帝様、私のような者には、夢のようなお話しでございますが

ありがたくお受けさせていただきます」

 





織女も、働き者の牽牛をたいへん気に入り、2人はめでたく夫婦となったのです










ところが、一緒に暮らすようになると


2人は朝から晩まで天の川のほとりでおしゃべりばかりをしています


これを見た天帝は



「おまえたち、そろそろ仕事をはじめたらどうだ?」








と戒めますが、牽牛と織姫は



「はい、明日からやります」

 




と答えるばかりで、いつになっても仕事を始める様子がありません





織女が布を織らなくなってしまったため、機織り機にはホコリが積もるようになり


天界にはいつになっても新しい布が届かなくなってしまい


また、牽牛が世話をしていた牛たちも、やせ細って、次々に倒れていったのです










業を煮やした天帝は、例え2人が幸せな暮らしを続けても、仕事が出来ないようではいけない


と、2人を再び離すことにしてしまったのです。しかし、一度引き合わせた2人を引き離すのは


あまりにも可哀想だと1年に1度、7月7日の夜だけ、天の川を渡って逢うことを許しました


その日には、普段は渡ることが出来ない天の川に、かささぎが群れを成して橋をかけてくれて


その橋の上で2人は逢うことを許されたのです


こうして2人は7月7日に会えるのを楽しみに今でも天の川の両岸で瞬いているんですとさ







(* ̄- ̄)ふ~ん



「はい、明日からやります」ってとこが




私とソックリ!





(*≧m≦*)プププw




そうそう、たなばたと言えばね、買いすぎたカサブランカの苗をお裾分けしたご近所の奥様から











田舎(北海道)から送ってきたから食べて~♪




と頂いたブツがあるのですが・・・





これって「たなばた」じゃなくて







「たなぼた」 デスヨネ











(*≧m≦*)プププw






スポンサーサイト



WHAT'S NEW?