2013_02
10
(Sun)00:00

カーミングシグナル



2週間以上に渡ってグズっていた風邪の症状もようやく落ち着き





出社することなく久しぶりに自宅で過ごした日曜日





ポカポカ陽気の中、お散歩途中に立ち寄るのはいつもの所





ですが、待てど暮らせどワンコが出てくる様子がなく












「出てきてくれないんですけど、どうしたんでしょーか、忘れられちゃったとか?」








と聞かれた(ような顔をしてた)ので















部屋の中をのぞいてみると、ガムのような硬いオヤツをかじっている真っ最中





パリパリポリポリと小気味の良い音も聞こえてきます













これでは出てきてくれるはずもないと判断し






「今、オヤツを食べているから出てこられないの、また後で来ましょうね」












と告げると





なんと道路の隅っこで様子を伺いながら座り込みを始め





呼んでもビクとも動きません













そして待つこと数分、オヤツを食べ終わったワンコが尻尾を振りながら出てくると







manoaも尻尾をピンと上げ近づき、嬉しそうにご挨拶・・・















の代りにダッシュでいつものようにグルグル周りを始めたので







リードが身体に巻きつかないように






おかーさんも村上佳菜子ちゃんばり(どこがっ!)にバタバタグルグル(笑)
















結局グルグルで興奮を冷まし再度ワンコに近づくと






「ったく相変わらず落ち着かない犬だね~」


 





と★カーミングシグナル★を送られたmanoaなのでした














 ̄m ̄ ふふ







★頭を横に背ける(横・あるいは後ろに向く)

遊び時などに相手に少し落ち着いて欲しい時★











   




スポンサーサイト