FC2ブログ

Photo Gallery



再度訪れたのは正式名称『ワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム』


( 名前が長く複雑であればあるほど箔が付いてがついてありがたみが増すらしい)



敷地面積は約80,000㎡(東京ドーム約1.7個分)もあるワットポーの中で





watp18.jpg





本堂と4つの礼拝堂をつなぐ形で作られた2重の回廊は







watp17.jpg





ワット・ポーの熱心な信者から寄進された仏像が






wtpkma.jpg





外回廊と内回廊、合わせて294体(もっとあるかも)





wtptou.jpg




そしてここに参拝すると現世で幸運に恵まれ






wtpmonm.jpg





より良い来世が訪れる、と言われており






wtph.jpg






本堂は細部に至るまで神聖で






watp12.jpg




トンブリーから移され、台座にラーマ1世の御骨が納められている



金箔を塗られたブロンズ製の本尊をはじめとして、150体の仏像が安置されています。




wtan.jpg





そしてその壁面には、お釈迦様の一生、お釈迦様の41人の優れた 弟子の話、天国の話





そして・・・ 





ワットポーご本尊台座



タイ語で 「ター」 は 「船着き場」

     「ティアン」 は 「なんにもない・平らな」




ワットポー本尊



昔々、チャオプラヤーの対岸にあるワットアルンとワットポー


2つの寺院にはそれぞれにヤックが住込みで働いていました


そして二人はとても仲の良い親友でした。





watp9.jpg



ある日のこと、ワットポーのヤックはネットショッピングのし過ぎで(管理人じゃあるまいし)お金がなくなり


川を渡ってワットアルンのヤックに借金をしに行きました。


ところが、返す約束の日が来てもワットポーのヤックはお金を返してくれません。




wtp3.jpg



ワットアルンのヤックは数日待ちましたが


ワットポーのヤックはまったく知らない振りをしてお金を返そうとしないので


ブチ切れたワットアルンのヤックは川を渡ってワットポーのヤックに催促に行きました。




watp13.jpg
(本堂内でブンブン回っていた扇風機、しばらくこの前から動けなかった 笑)


しかしそれでもワットポーのヤックはお金を返そうとしなかったので


とうとう殴る蹴る、騒ぐ暴れる、の大喧嘩になってしまいました。





watp1.jpg
(中国からやってきた陶器の破片をはめ込んで造られた色とりどりの仏塔)



しかも二人のヤックは体が大きく力も強いので


周囲の木々はなぎ倒され踏み潰され


人々や動物は逃げ惑い


辺り一面は修羅場と化し、何もなくなってしまったのです。

(これが船着場の「ター・ティアン」の名前の由来らしい)





watp20.jpg
(ラマ1世から4世までの歴代王を象徴する4基の大仏塔)



神様はこの話を知ると大変お怒りになって


罪滅ぼしの為に呪文で二人のヤックを石に変え


ワットアルンとワットポーの本堂の前に立たせてしまいました


そしてそのまま今に至るまで、二人は門の前で寺院を守り続けているのです。



おしまい(かな~り若干、内容、言い回しをアレンジしてます)



wap22.jpg
(緑が1世、白が2世、黄色が3世、青が4世と微妙に色分けがされている)



と言う、タイの童話のもとになった話も含め



4つの壁画が描かれている本堂を後にして




wap23.jpg




モール内で脱水症状1歩手前の体にコカコーラゼロ(30バーツ?)を急いで注入し




yprw.jpg
(クルーズでライトアップされていたヨッピマンリバーウォーク




まるで昭和時代の映画のワンシーンを見ているような通りを抜け




bkk7.jpg



バーククローン花市場へと入り込み



bkk8.jpg




「安いわね~♪どうする?買って帰って花風呂にしてみる?」




bkr5.jpg





「え~!止めようよ~!」






bkr3.jpg




「第一、誰が掃除(後始末)するの?」




bkr2.jpg





「そ、そう言われればそうよね」




bkr1.jpg




とわずか10バーツのプワングマーライさえも買うことなく



次の目的地へと急ぐのでした。



bkk9.jpg



日記を更新する度いろんなことを知るわ~


などと、実生活には役立たない情報を集めつつ次回へ続く。



ヾ(☆o☆):ヲホホホホホホ・・・





スポンサーサイト



WHAT'S NEW?