FC2ブログ

Photo Gallery

 


バンコクから西へ70km


me-kuronn12.jpg



金曜日だから(と言い訳してました 笑)市内を抜けるのに激しい渋滞にはまり



予定時間を大幅に過ぎメークロン駅に到着でございます




メークロン2



ツアー最初のスケジュールは昨年5月、妹と来た時と同じ


線路市場と列車通過見学



めーくろんなか



ですが、市場の様子や



めーくろんなか2


置いてある商品に変化があったわけでもなく



めーくろんなか3



この人だかりの中に入る気にもならず



メークロン11



線路の真ん中に立ち、向かってくる電車を撮ろうと




メークロン3




撮ろうと



真ん中に



立ち・・・




ん?



( ̄ー ̄?).....??アレ??




どこかで見たことのある光景




みたいな(笑)





メークロン4



うほっ、やってきましたよ~♪


.゚+.(・∀・)゚+.



メークロン5



すでに構内だと言うのに大してスピードを落とさず(な訳はない)



警笛を大音響で鳴らしながら(管理人に対して、かと)





メークロン6



通過する電車は迫力満点でした(迷惑だね)



( ̄m ̄〃)ぷぷっ!






メークロン7




この後、押せ押せスケジュールのため散策する時間も与えられないままに




メークロン10



向かった先は



やしのみ1



駐車場がツアー会社のバスで埋る、と言う



やしのみ2



ココナッツファームでの椰子砂糖の製造工程を見学&買い物



やしのみ3



別名


ツアーあるある「トイレ休憩にかこつけた土産物店立ち寄り」



でございました



( ̄m ̄〃)ぷぷっ!




やしのみ4




ファームからバスを走らせること10分強



水上マーケットで有名なダムヌンサドアクに到着



水上ボート1




まずはスピードボートに乗り込み



水上ボート6




地元住民の生活風景を垣間見ることが出来る水路を




水上ボート7




爆走していきます



( ̄m ̄〃)ぷぷっ!



水上ボート5



爆走ですから当然・・・



水上ボート2




水しぶきが飛びます



水上ボート3



水路の水は汚くない、と説明を受けましたが



水上ボート4



明らかに汚いです。



( ̄m ̄〃)ぷぷっ!



水上ボート8




恐怖のスピードボート体験も終わるころ


水上ボート10


水上マーケットに到着でございます




水上ボート9



ここでエンジン付きボートを降り



別料金で手漕ぎ船に乗れるのですが



実は船系統が苦手な管理人



地上マーケットをうろつくことに。



( ̄m ̄〃)ぷぷっ!




スイジョウボート10



チャオプラヤー川の無数の支流や運河・水路を使った水運が発達するタイでは


昔から水上マーケットが盛んでした



売り子1



かつては水辺に住む人々や地元民の生活の一部として利用されていた水上マーケットですが



ぼーと5



水運の縮小と運河の開発などから、その数が激減したため



ぼーと6



なんとか保存しその文化とともに後世に伝えようと新たに開発されたのが


ここダムヌン・サドゥアック水上マーケットなのです。




水上ボート11



カメラを向けていると



川岸から聞こえる売り子の声



売り売り子2



写真を撮る観光客の姿、シャッター音



ぼーと4


櫂が水を切る音と



売り子4


通り過ぎる モーターの音



ぼーと2




非日常の風景と音を耳にしつつ



満足のうちにマーケットでの時間を過ごしたあとは





売り子3



ランチタイム(軽食)でございますが



訪泰5回目にして始めてのタイラーメン



これがメッチャ美味しくて管理人的大ヒットタイ料理の一つに加わりました




タイラーメン



デザートは種類が選べるアイスクリーム


お茶アイス1



スプーンを貰いに行ったものの(お店の人に)まったく通じず


どうしたらいいのかと思っていたら


すぐさまガイドさんが教えてくださり


そりゃ一生通じないはずだわ、と大いに納得した管理人だったのでございます。



お茶アイス2
(外蓋と中蓋の間に挟まっていたスプーン)



( ̄m ̄〃)ぷぷっ!



次回へ続く


スポンサーサイト



WHAT'S NEW?