2017_06
29
(Thu)17:06

トロピカルパラダイス



トロピカルとは 熱帯また熱帯的であるさま(コトバンクより)




そーなんだ~(´・Д・)」



でも、イマイチ色彩に乏しいアレンジの何がトロピカル?




summer1.jpg





と考えてみたところ、どうやら



水で戻したオレンジ色のビーズが、ではないかと思われます(だねだね、うん)



(・Д・)ノ




summer2.jpg


 ̄m ̄ ふふ

スポンサーサイト
2017_06
27
(Tue)16:42

褒め殺し

  
「今日のタッセルのポイントはボンボンを綺麗な丸型に作ることです」




先生のお言葉と見本を見ながら左手に吊り下げたモール



右手にハサミを握りながらひたすらチョキチョキチョキチョキ




すると何もすることがないからでしょうか




シーンとした雰囲気が苦手でお話好きな先生がポツリと呟きました




「チロルさん、ポンポン作りが好きでしょう?」



は?



好きとか嫌いとかじゃなくて見本に近づけるよう必至なんです



他の生徒様より遥かに手も遅いし



と言いたいけど言う余裕もなく続けていると




「見て見て~、ハサミの使い方が







神ってる~♪」
 



(゚д゚)




ということですが・・・






「神ってる動画」をお見せできないのが残念です(おい)





タッセル6271
「Jolie Laine」


( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


2017_06
26
(Mon)18:13

心配性



「こんにちは~」



振り返ると大人しいトイプードルの散歩がてら私を見つけると立ち寄り



何気ない世間話をする名前も存ぜぬ旦那さまがチャリを止めてご挨拶くださり




「お~、随分伸びたね~」





と、ゴーヤの蔓を見あげながら仰り、続いて




「これじゃあ沢山実が着いたでしょ」




と。






uragoya1.jpg




一瞬「はい」と言いかけたものの




誰の耳に入るかもわからないので
(ハサミを持って散歩するオバさまの目撃情報あり←本当らしい)




「いいえ、全然ダメですね、やっぱり素人栽培はうまくいかないです」




と答えると




「そっかそっか、まあそのうち出来るんじゃないの?」



と慰めの言葉を掛けチャリで走り去ったので



すぐさまネット裏に行き




「やっとここまでになったんだから絶対見つかるんじゃないよ」





と言ったのを誰にも聞かれていないかどうか





心配性にも程がある管理人だったり致します。






uragoya2_201706261748029bd.jpg
(4種類あるけど蔓が好き勝手にあちこち伸びた為どれがどれだか解らないゴーヤさん←食べれば一緒♪)



 ̄m ̄ ふふ
2017_06
25
(Sun)17:27

迷惑栽培



ベビーリーフ・ルッコラ・バジル・三つ葉のペットボトル(水耕栽培)だらけの部屋を見て管理人は思いました。



「もう、これ以上増やすのは止めよう・・・



だけど、これからの季節、どーしても食べたい野菜があるのよ・・・



そーよ、これだけは譲れないわっ!」(なにそれ)





ってことで挿し芽の土に赤玉土を加えた特製(でもないけど)培養土に種を撒くこと3日後



始めまして、の双葉が顔を見せてくれました♪




kuresonhutaba.jpg
(クレソン)




が・・・




不満を訴えるお方が約1匹・・・







beramano3.jpg
(もしかしてまた増やす・・・んじゃないですよね?)





とご機嫌斜めなご様子のためプランター増設は考え中。





beramano1.jpg
(それじゃなくても狭いのに、歩くどころかお昼寝する場所も無くなるじゃないですかっ!)



ごもっともだったり致します、はい。



( ̄m ̄* )ムフッ♪



2017_06
24
(Sat)18:04

えこひいき


こればっかり食べているワケじゃないんだから



もっと少しずつ色づいてくれればいいものを



一気に収穫時期を迎えたトマトさん




yello1.jpg
(デルモンテ 黄金のトマト 中玉 黄色)






これでもかっ、と言わんばかりに実をつけていますが





yullo2.jpg
(同じく)





茎が折れたため養分が全部回り黄色トマトの1.5倍以上に育ったこの子の方が





可愛さ倍増♪





redot1.jpg
(デルモンテ フルーツルビーEX)




ほぼ放置状態の黄色とは違って




新しく育った茎を朝な夕なにせっせせっせとお手入れ(行灯状に誘引)している模様です。





kurabe2.jpg
(並べて記念撮影なんかしてみたりして)



( ̄m ̄* )ムフッ♪


2017_06
22
(Thu)17:34

楽しい木曜日




木曜日は週に1度の癒しの時間




日々の悩みやストレスも忘れて集中できる大事な2時間





ri-suh2.jpg




なのになのに



お教室へ入り、席に着くなり先生から



「フラワーアレンジメントコンテストに出てみませんか?」と。



更に「日頃のレッスンの成果を発揮するチャンスですし

出品は無料で参加賞もありますよ」と。



更に更に「出品までの指導もさせて頂きますから」と。




は?



何故にワタクシが?



センスのかけらもないってのに?



( ・◇・)?(・◇・ )



そこで先生に理由を尋ねてみました。




するとニコニコしながらお答えくださいました。






ri-suh3.jpg






「この教室から誰も参加者がいない、って本部から言われたから」






Σ川 ̄▽ ̄;川アィーン




ri-sih1.jpg
(サマーリース)




そんなこんなで癒しだけでなく笑いも混じる木曜日が


週に2度あればいいのにな~(あるかいっ)と思う今日この頃だったり致します。



 ̄m ̄ ふふ


2017_06
20
(Tue)17:38

良い子

 


おかーさんが育てたトマトを




shuto1.jpg



スマホでピコッピコッとしつこく撮っているので




shut2.jpg




ボクもしつこく「頂戴ビーム」を発信したら




manoasisen.jpg




珍しく素直に出してくれたので、少しは物分りが良くなったのか?




matomato1.jpg




と思ったら




「あと2・3日熟せば良かったワ」と・・・





mato3.jpg




味が薄いからくれたんかいっ!




ε=ε=(怒゚Д゚)ノ



とも思いましたがボクは大好きなトマトが食べられただけで嬉しいし




味が薄くても残さず食べる親思いのとっても良い子で~す。





umaumat1.jpg
(だったら通行人への奇襲攻撃(いきなりガウガウ)やめて下さいよ(-゛-メ) ヒクヒク byおかーさん)



( ̄m ̄〃)ぷぷっ!






2017_06
19
(Mon)16:57

ヒヤヒヤ栽培

 


「も~いいかい~」



「も~いいよ~」



ってことで苦節(何の苦労もしてないけど)2ヶ月



ようやく収穫の運びと相成りましてございます。



.゚+.(・∀・)゚+.




go-yahatu.jpg




既に蔓はベランダ近くまで達しており




人工授粉などしなくても虫によって自然に受粉していることが見て取れ




goyahana1.jpg





このまま順調に行けば豊作は間違いなし、と思うのですが






goyahana3.jpg




親代わりから、そろそろ連絡が来るんじゃないか、と思うとちょっとヒヤヒヤしています。




(; ̄ー ̄川 アセアセ


2017_06
17
(Sat)14:21

ペピーノさま



「高級」の2文字に惹かれ連れ帰ったペピーノさまですが



ナスより上品な感じの花が咲きまして





pepinokaika.jpg




人工授粉も丁寧に行い



pepinojuhun.jpg




あとは結実を待つのみでしたが



日を追うごとに蕾がはらりはらりと落ち続け



最後まで頑張って生き残ってくれた蕾も今朝・・・



(つД`)ノ




pepinosaigohana.jpg




やはり「高級」とは一生縁が無いのだと



改めて思い知った管理人だったのでございます(大奥風に)



( ̄w ̄) ぷっ


2017_06
16
(Fri)13:20

トマト・とまと・TOMATO



ようやくトマトが色づいてきましたが



irodukitomato.jpg





摘んだ脇芽もスクスクと根っこを伸ばし




suikoutomato2_201706121433218e4.jpg




事故に遭った茎もすっかり水耕栽培に慣れた様子で





suikoutneko.jpg
(実もゆっくり成長中)




一日がトマト観察で終わっているような気がしないでもありません(ごらっ)




suikouthaname.jpg
(事故茎から新たに花芽確認♪)




 ̄m ̄ ふふ


2017_06
14
(Wed)13:47

Fiore

 


2ヶ月ぶりのタッセルは



制作キットを使ってのレッスン



fiori11.jpg



はわずか30分足らずで終わってしまったので



(゚д゚)



初心に戻って(っていうか初級者コースなのに)



シンプルタッセルを2つ




fiori22.jpg






の作り方を忘れていたという・・・(おい)




fiori33.jpg



いや~なかなか難しいですわね~(不器用にも程が)



( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


2017_06
13
(Tue)13:18

病気

 



ペチュニアや



safib.jpg
(サフィニア)






ロベリアのお手入れで一杯一杯なくせに




azurokon.jpg
(アズーロコンパクト)






また連れ帰った模様です。





reuisia11.jpg
(レウイシア)





(; ̄ー ̄A アセアセ・・・


2017_06
12
(Mon)15:13

ブログ的お約束

 


一体何を思ったのか



カテゴリに「ゴーヤ」を加えてしまった管理人ですこんにちは。



(・Д・)ノ



出社一番にしなければならいこと



それはゴーヤの雌花開花の確認ですが
(掃除とかじゃないのか?)



ふと見ると何やらおかしな花が一輪咲いておりまして




engoya11.jpg




よくよく見てみれば普通は雌花の額の下に付くはずのくゴーヤの実の一部が!



(゚д゚)




hengoya12.jpg



が、花を見るとシベは黄色



ってことは雄花(雌花は)なので結実することはありえませんが



ブログ的お約束








人工受粉なんかしちゃったりして~





hengoyajuhun.jpg




明日が楽しみ楽しみ♪(何も変わらないと思うけど)




( ̄m ̄〃)ぷぷっ!




2017_06
11
(Sun)18:21

乾かして日曜日




用事のない日曜日は


サロンの予約まであと1週間ながら


なんとなく怪しい香りが漂い始めたmanoaをシャンプーし



manohuro4.jpg



嫌がられても乾かし



manohuro5.jpg




怒られても乾かして




manohuro6.jpg




お供えに使ったスターチスが余ったので




花の色が褪せないようフードドライヤー40度設定で乾かすこと8時間





suta-tisu2.jpg




こうして管理人の日曜日は乾かすだけで終わったのでございます。
(他にもやること一杯あったんじゃ・・・)




sutatisu11.jpg
ピンクのスターチスの花言葉 「永久不変」


(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

2017_06
10
(Sat)16:40

じゃじゃ馬トマト



トマトがなかなか色づいてくれないので




kirotomato.jpg



栽培期間中、ギリギリまで水分を減らし、持っている生命力を最大に引き出すため

根が地下水から余分な水分を吸収しないよう溝を掘り防根シートを敷込み土を埋め戻した所へ定植し

水分管理は畝毎に灌水チューブ1本と点滴2本を使用し、根の張り具合を見ながら調節。

水分を絞りすぎると花質が悪くなったり、生長点が止まる事があり、また多くなると糖度が下がってしまうため

非常に難しい水分管理を行っている群馬県だけで作られている糖度(ブリックス)9以上(普通は5~6)あるトマト


「ブリックスナイン」(商品名)






にはなれなかった




糖度7以上9未満、もうじき旬が終わる「じゃじゃ馬トマト」(商品名)を買い求め







jajauma1.jpg





スライスしてフードドライヤー数段重ね(5~6段)



そしてトマトの酵素を壊さないようじっくり低温乾燥すること長時間




jajauma2.jpg




朝仕掛け、帰る頃にはかなり良い感じになっているはずなので




ここ数日、5時になるや否や速攻退社の管理人だったり致します。




matimanoa.jpg
(ボクにも下さいよ←1枚だけね←ケチ!)



 ̄m ̄ ふふ



2017_06
09
(Fri)15:18

隠れ上手




人工授粉でスクスクと育っているゴーヤさんですが



さすがにここまで育つと人目にも付くようになり




itibangoya.jpg




会社のT君が



「さっき、Sさん(同業者)が、もう少ししたら貰いに来るから宜しくね、って言ってましたよ」



という話を聞き、あげるかいっ!困ったな~




と思った翌日から何故か殆ど陽の差さないネットの裏側でも雌花が咲くようになり





urago-ya1.jpg




嬉しいことに人工授粉もお手入れ(ってか見てるだけ)も写真撮影も人目・紫外線を気にせず行えるため




管理人が事務所にいないときはゴーヤネットの裏側を探してみて下さい。





uragoya2.jpg
(どんだけいれば気が済むのかネット裏)



 ̄m ̄ ふふ

2017_06
08
(Thu)17:46

本番



準備万端整えるべく予習をしていったと言うのに






あろうことかワイヤリングしたのはデンファレ3輪だけと言う・・・







puriza684.jpg




あとはシェルやらソラフラワーにワイヤーを








セロテープとボンドで留めて








挿して砂を撒いてビー玉転がして終了。






結論










「慣れないこと(予習)はするもんじゃない」
 





purizao683.jpg
(一応、題は”パステルマリン”←角が生えてるけど)


( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


2017_06
07
(Wed)16:48

予習

 


明日のアレンジメントレッスンはプリザーブドフラワーなので


優等生(どこが?)の管理人は予習と題し


ワイヤーにフローラルテープをガサツに巻き


チマチマ彫った石鹸の薔薇、アーティシャルフラワーのアジサイにワイヤリングし


リボンを添えれば、ほ~らプリザーブド風アレンジの出来上がり~



(´ω`人)




soapare2.jpg






っていうか・・・





詰め込み過ぎですね、はい。






soapare1.jpg
(折角薔薇を2輪も彫ったからと無理やり入れたらしい)


(; ̄ー ̄川 アセアセ



2017_06
06
(Tue)13:40

昼も夜も



「技術者が画像を確認いたしました。

原因として考えられますことを記載しますのでご参考ください。


蕾の成長過程において、何らかのストレスが原因で
花弁に異変が生じたものと推察されます。


株が生長するにつれ、本来の花が咲いてくる可能性もございますが
現状のまま変わらないことも考えられます

ご期待に沿うことができず、大変申し訳なく思っております。」
 






safi12.jpg




土や肥料、日当たり時間、殺菌剤、防虫剤、行っているお手入れ方法などを詳細に書き込み


花の画像と共にメールしたところ頂いたお返事でしたが


納得が行くような行かないような、いややっぱり行かないかも(どっちだよ)と、微妙な説明の次に







「本来なら、弊社より代わりの苗をお送りさせていただきたいのですが、
時期的にサフィニアマックスの在庫がございません。

お待たせして大変申し訳ないのですが、来春、サフィニアマックスの出荷シーズンに
代替の苗をお届けさせていただけますでしょうか。

もしくは、「マックス」以外の他品種のお花でもよろしければ、替わりの苗を
今季にお届けすることが可能です。

「サンク・エール」や「サンパラソル」などはいかがでしょうか。
大変恐縮ですが、ご返信をお待ち申し上げます。」





と言うことで




sanpara2.jpg






昼も





sanpara1.jpg





夜も





サントリー様には大変お世話になっております。









 ̄m ̄ ふふ




2017_06
05
(Mon)14:54

成長記録

 .


ようやくゴーヤの雌花が咲きましたので





goyamebana22.jpg





収穫率を上げるべく(妹がまだかまだか、と待っているから 笑)




朝10時までに人工授粉を行うと





mebanajuhun.jpg





1時間後には緑が生き生きとしてきて





goyajuhun2.jpg





3日後には驚くほどの成長振りを見せてくれるのです。




.゚+.(・∀・)゚+





goyaketujitu.jpg




一方



あっち(バケツ)に移されこっち(ペットボトル)に移され



お日様に当ててもらうわけでもなく



栄養も活力剤ももらうわけでもなく



カメラを向けられるわけでもなく



ブログネタのために生きていてさえくれればそれでいいわ



と、血も涙もない管理人に半ば投げやりに放置され



窓辺のラックの片隅の被害者はひっそりと




驚くほどの変化を遂げていたのでございます。





(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ




tomatonomi11.jpg
事故から2週間、水だけで結実したトマトちゃん)



この貴重な体験を基に「トマト栽培」のカテゴリーを増やそうか考え中(←途中で飽きるから止めたほうが賢明かと)




 ̄m ̄ ふふ

2017_06
03
(Sat)18:12

フリーセント



「フリーセントとはドイツ語で流れるものを意味します。


流れるものと言ってもシャワーから流れ出す水


滝つぼに落ちるような終点がある形


そして蛇行する川の流れを表現するものなどがありますから


長さ、角度、向きなどに注意しましょう。




そして茎の切り方、挿し方、挿す方向を間違えると折角時間をかけて作ったのに


審査(インストラクター資格検定試験)の際にポロッと茎が落ちたりしたら合格できませんから




くれぐれも十分注意して下さいね。 」




(・Д・)ノ





資格を取るつもりはないものの今までになく慎重に慎重を重ねて挿したつもりですが



気がついたと時には既に2本抜け落ちていたという・・・



たかがアレンジメントされどアレンジメント、棘の道は果てしなく続く(大げさ)




フリーセント601
(買ったばかりの花器が倒れないか心配になり、そぉーっと挿したフリーセント←先生の話聞いてないし)



( ̄m ̄〃)ぷぷっ!