FC2ブログ
2018_12
08
(Sat)15:39

管理人、先生になる。



体調が最悪になる少し前のこと。



フラワーアレンジメント教室での雑談中



趣味の話から自分で彫ったカービング作品(スマホ画像)をご覧になった先生が



「あら、綺麗、それに楽しそう、良かったら生涯学習講師になりませんか?」と仰いましたので



講師?無理です、第一資格もありませんし、と申し上げると



「大丈夫よ、ボランティアなんだから」と。




そしてその場でスマホ画像を課の担当者に送ってくださると



担当の方からすぐにご連絡があり、あれよあれよと言う間に話は進み





sinseisho.jpg



月1回発行の広報誌に載せて頂いたところ



keisai.jpg




4名様のお申し込みを頂きましたので




彫るデザインを考え、口頭、実技だけでは伝えきれない部分もあるため




手順を追いながらの画像入りテキストを作り




tekisuto2.jpg





迎えた当日




kabingk.jpg





受講者様がナイフで怪我されないよう



また進行度合いを確認、そして手直しするだけで一杯一杯で



テキストを読む余裕などなく気がつけば講座終了予定時間が過ぎ



最後は担当者様にもお手伝い頂きバタバタと片づけをしながら、になってしまい



仕上げのラッピングはロビーにあるテーブルで、と言う申し訳ない終わり方をしたものの



皆様から「自分で彫ったとは思えないし可愛い♪」と喜んで下さいましたが



一番嬉しかったのは管理人だったり致します。




kyousitu1.jpg
(初めてとは思えないほど完成度が高かった受講者様の作品)



+゚。*(*´∀`*)*。゚+ 



スポンサーサイト
2018_12
07
(Fri)12:51

長瀞はもみじと神社と御朱印帳




お腹がはちきれそうなほど夕食を詰め込んだと言うのに




清清しい空気と景色のせいでしょうか




朝餉5





普段はほとんど食べない朝食を

 


pageasa1.jpg




まるでいつも食べているような食欲に




久しぶりに「旅行マジック」と言う言葉を思い出しつつ完食し





pageasa2.jpg





水管橋からの美しい眺め(管理人は高所恐怖症のためBチームSちゃん撮影)と




館内いたるところにさりげなく置かれているオブジェに癒されつつも







pageasa3.jpg




今回の目的を果たすべく



昨日訪れた関東一のパワースポット三峰神社



金運アップのご利益で有名な宝登山神社



そして今日は秩父三社の中の聡鎮守と言われる秩父神社で御朱印を頂き





ttj1_2018120711283321a.jpg




秩父三社コンプリート、と言いたいところではございますが



そのほかにも霊験新たかな神社が数多く存在している秩父で



日本百観音霊場巡りの結願寺として知られている水潜寺でも賜り




suisennji3.jpg




最後はやはり金運アップで全国に知られ毎日多くの参拝者で賑わう




通称「銭神様」 聖神社でございます






wadou11.jpg




が、悲しいことにこの日の御朱印発行は行われておらず




ガックリと肩を落とす管理人




(つД`)ノ 




ですが次回の楽しみに、と考えを切り替え



また伺えます様に、とお参りと絵馬にお願いし



2日連続で美味しいお蕎麦を堪能し




おそば1




渋滞にもはまらず無事に帰ってきた数日後のこと。




スマホの呼び出し音が鳴り




見れば発信者が「セラヴィ」と。




え?何?何なの?とスマホをスライドすると



聞きなれたオーナーさまの声



そして驚くべき言葉が耳に・・・




「チロルさま、○○をお忘れではないでしょうか」と。



実は帰ってからこの時までその○○をずっと探していたのです。



(´・_・`) 




てっきりいつもの場所にしまってあるとばかり思い込んでいたものの



思い違いがあるかも、とあちこち探すも見つからず困っていたところにこの電話。




そして「さっそく本日お送りいたします」とのお申し出に



お手間を取らせては申し訳ないので「明日伺います」とお伝えし



翌日、いつもの通り、化粧を始めるころからストーカーと化し真後ろで待ち構えている息子を連れ






sutoka-.jpg




わずか1時間21分でホテルに到着し折角だから写真でも、と構えるも




隣接するキャンプ場から聞こえてくる子供やオバ様の声が気になり





manoaセラ2




全く写真を撮らせてくれる感じではないのをオーナーさまが察してくださり



なんと「紅葉が綺麗ですから玄関前でお撮りしましょう」



とペット不可のホテル前でmanoaを抱っこした写真を撮っていただき



親子(?)共々良い記念になりました(画像は非公開 笑)





manoaセラ1




そして念願の御朱印も頂くことが出来ましたので



ヒジリ2





次回はご報告書を是非書きに伺わせてください!





聖1





と何度も何度もお願いし再び1時間21分で帰ってきたのでした。





gekijou_end_oshimai.png


2018_12
06
(Thu)18:35

長瀞はもみじと神社と上州牛

 

体調も落ち着いたので、以前から予定(だけ)していた


一泊旅行に出かけてきました。



同行者はいつものチーム能天気メンバー4人ですが



今回はAチームBチーム現地(いつものお宿 セラヴィ さま)集合とし



4時45分、暗闇の高速道路をひた走り



秩父の街中で休憩し(朝食とも言う)



紅葉のトンネルを上へ上へと抜け




三峰22





目的地、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が山を訪れた際





三峰20




狼が道案内をし、その勇猛、忠実さから、眷属(けんぞく 神のお使い)になったと言われている犬神(狼)さまが




三峰19




あちらこちらで出迎えてくれる三峰神社に到着でございます。





三峰15





今回、三峯神社にはとある目的があって来たのですが





三峰1
(鎌倉時代に、武将の畠山重忠公が奉納したという、樹齢800年を超える杉のご神木
深呼吸をしてから、木の幹に手を触れるのが良い)





盗除、病気除、諸難除で家を守護してくれる霊験あらたかな犬神(狼)さまを収めたお札を1年間御拝借し





三峰6




1年経ったら、神社にお返しする、と言う「御眷属拝借」が出来るのですが






三峰3




御眷属を拝借した後も守らなければいけない決まりがあり(諸説あります←チコちゃんに叱られる 風に)




三峰17




◎ 受け取ったら鳥居をくぐるまではオオカミさまの気配がしても振り返らない



◎ 家に着くまでどこにも寄り道をしない



◎ 家に着くまで地面には置かない(入っているカバンも)





三峰12
(開山以来の歴史の祖霊を祀る祖霊社)




と、どれ一つとして守れることが出来ませんので当初の目的のみ果たしたのでございます。




三峰5
(初めての御朱印帳)



山を降り、丁度開催されていると言う「新そば祭り」で昼食でも、と思ったのですが




国道から会場の混雑振りが見えたため以前、セラヴィスタッフさまからお勧め頂いていたお店に出向き




くるみ1




アメリカ産(かと)クルミをゴリゴリすり潰しながら待つこと20分強



思いもよらぬコシの強さに驚きつつあっと言う間に頂きましたが



近年で一番美味しい、と思える昼食会(と言えるのか?)でございました。




くるみ3
(くるみそば 800円)





その後、食後の運動と称し宝登山神社の階段を心臓バクバク言わせながら上がり
(運動不足どんだけ)





ほどさん3




紅葉を探しまくった(あまり紅葉がなかった)のでございます。 




ほどさん4




今回のお部屋は全員が雑魚寝も出来る和室をチョイス



(と言うより、前回は9時前には爆睡し(Aチームの一人、別名、いもうと)



Bチームは「来る来る(部屋に)詐欺」の犯人になったため)



ヽ(´∀`)ノ




せらヴぃ1




時期も時期、長瀞では紅葉祭りが開かれておりましたので



オーナー自ら送迎による「紅葉ライトアップツアー」(500円)を申し込み



明治~昭和の俳人・小説家である高浜虚子(たかはま きょし)が詠んだ俳句



「ここに我 句を留むべき 月の石」から名付けられた「月の石もみじ公園」で



ライトアップされた紅葉を大混雑の中楽しんだあと




つきのいし2



オーナーさまから「他にどうしてもお見せしたい光景がございます」




とのお気遣いでお連れ頂いたのが昼間来たばかりの宝登山神社。




ほどさん1




でしたが普段通らない通路にある水面に映る紅葉や




ほどさん6



ライトアップ期間の今しか見ることが出来ない




黄金色の神社を拝見することが出来




どんだけ撮ったか宝登山神社(笑)カメラパンダ





ほどさん7



ツアーのあとはお待ちかね夕食でございます。




暖炉の中で揺らめいている火を眺めながら




夕餉2




新涼灯火  (秋の始めの夜の涼しさは、灯りの下で読書するにはぴったりだということ)



霜月の御献立は宮城のお酒「鶯咲 (おうさき) 」から。





夕餉1






今回もいつも通りお野菜中心の献立とは知っていたものの






夕餉3
前菜 

芹湯葉巻き へちまの皮 海老芋唐揚げ 小松菜えごま和え いちじく赤ワイン煮 大根皮醤油漬け





偏食な管理人、好き嫌いも多いワケで





夕餉4
椀物

 白菜寄せ 海老 銀杏 隠元 秩父しめじ 柚子






さらに今回は造里まで全てがお野菜と言う予想外の展開に・・・




(゚д゚) 




夕餉5
造里 

菊芋 丹波しめじ グリーンマロー ビーツ まこも竹 蓮根 はつか大根 紫キャベツ 茹落花生 赤ピーマン ロマネスコ






更に宿敵(?)高野豆腐まで登場し管理人のテンションはダダ下がりましたが






夕餉6
焼物 高野豆腐むさし麦豚巻き 青梗菜ソース

アンディーブ カリフラワー 黒大根 マッシュルーム パセリ 人参 ケール ザクロ 長瀞桜チップのスモークチーズ 
焼き茄子ムース 干し柿 モッツァレラチーズ






こんなこともあろうかと数日前に急遽リクエストした





夕餉7
別注文

溶岩石プレートの和牛サイコロステーキ





上州牛で笑顔を取り戻したのでした。





夕餉8

(゚∀゚)





その後も苦手分野のものに対し





夕餉10
鍋物 牡蠣白味噌風味 

牡蠣 かんぴょう えのき 蕪 ホウレン草 長葱





Aチームのもう一人とBチームには本当にお世話になりました。
(苦手食材を全て食して頂いたらしい・・・汗)





夕餉11
箸休め 洋梨 セロリのカプチーノ仕立





お陰で(?)普段ならこのあたりでお腹が一杯になってしまい





夕餉12
揚物 道明寺団子

春菊 椎茸 高麗人参






ハイボールも焼酎もワインも受け付けないぐらいになっていたのに





夕餉13
口替り

はやと瓜 紅芯大根 りんご 黄菊 すだち






なんとお部屋に運んでくださるお握りの数を





「4個下さい!」と言ったらしいです、はい(笑)






夕餉14
食事

むかご古代米御飯 香の物 赤だし






更にデザートまで残さず頂き




お部屋の露天風呂にも浸かり





晩秋をたっぷり楽しんだチーム能天気なのでした。





夕餉15
甘味

長瀞紅茶プリン かぼちゃと栗のペースト(絶品でした)




2日目に続く。