FC2ブログ

たられば

 04, 2012 00:00


6月の始め、いつもの園芸店でご先祖様へのお花を買い求めレジへと向かう途中のこと


何かに呼ばれているような、スッとその場を通り抜けられないような雰囲気が漂っていて


ふと見渡すと隅っこの壁際にズラリと並べられていたペチュニアを見つけました


それは4月頃から売られ始め、肥料もお手入れもしてもらっているわけではなく


日当たりの良くない場所に置かれていたせいで茎はヒョロヒョロ葉っぱは黄緑色


いつもの私だったら絶対に手を出すことのない酷い状態の苗を買うことはありません


ましてやペチュニアを大きく育てるには元気な株を買い、ゆっくり手を掛けて育てるのが鉄則


出来れば雨に当てず、花殻摘みを怠らず、適正肥料と殺菌、防虫にも時間を掛けなければならない


それに今年はmanoaとの時間が大事だったこともありペチュニアを育てるのは諦めていました





でも・・・






悪癖(笑)とでも言うのでしょうか、そんな可愛そうな苗たちを見捨てることが出来なくて


ひとりずつでごめんね、と苗に話しかけながら3種類のペチュニアを持ち帰りましたが


普通は1ヶ月程度でこんもり大きくなるはずなのに長い間小さなポットの中で窮屈にしていた根っこは


予想以上に新しい用土になじむのが遅く、オットにも「なんかショボいな~」と言われ



それでも苗にも負担がかからぬように、たくさんの脇芽が出ますように



いつかは綺麗に咲いてね、と話しかけながら花芽を取る日が続くこと2ヶ月




ようやくペチュニアらしくなってきました









お手入れしている間はmanoaも見ていましたので(スリングから)寂しい思いをさせることなく



今となってはあと5人ぐらい連れ帰っても良かったかな~、と思ったりする



いつも「たられば」なおかーさんなのでした



*たられば 「もし…していたら(したら)、もし…していれば(すれば)の意」









  




関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?