FC2ブログ

フラッとバンコク チャオプラヤーの船に揺られて

 23, 2014 18:36
 

あっ!









と言う間に最終日



寝ているのがもったいない訳ではないけど夜明け前にシャキッと目が覚めるほど






なんだか絶好調~♪



やはり夕べは飲みすぎたのではなく、酔いが早く回っただけ





P1130310.jpg


の証拠に、朝から




≠( ̄-( ̄)モグモグモグ



P1130313.jpg

(゚д゚)ウマー





。≠( ̄~ ̄ )モグモグモグモグモグ



P1130321.jpg


(゚д゚)ウマ-(゚д゚)ウマ-





お代わりなんかしてみちゃったりして



ヾ(* ̄◇>^;) ムシャムシャ


P1130323.jpg



(゚д゚)ウマ-(゚д゚)ウマ-(゚д゚)ウマ-







海老がプリップリの海老シュウマイも



ヾ(* ̄◇>^;) ムシャムシャ


P1130324.jpg


マイウ―――(( ´艸` ))―――!!!!




で、デザートのマンゴーはというと




P1130330.jpg



ホテルでの最後の朝食に相応しい合言葉














「お代わりは増量で」 


(ドラマのタイトルっぽく←どんなドラマだよ)


P1130326.jpg




(* ̄ー ̄*)ふふん



最終日最初の予定は9時からオープンするショップでのお買い物



よって、3日連続の「ワンデーチケット ソーン」で


電車で電車で GO!GO!GO!GO!









(フルコンボ凄~い、って違うか・・・)




(*^m^*) ムフッ






P1130345.jpg



駅から出るとともに良い香りが漂ってきて


見れば朝食をテイクアウト(職場で食べる)するする人だかりが出来ておりました


pandaani211.gif


世界一と言われているほど屋台文化が発達しているタイでは、


朝も、昼も、夜も、屋台で食事をする人がとっても多いのです



なぜならいたる所に屋台があり、スーパーで食材を買って料理するより経済的かつ、手っ取り早く、それに美味しいから




P1130340.jpg



その裏には冷蔵庫もないから食材を保存できない、よって台所がない家も多いというのも事実


もっとも朝から晩まで街のあちこちで屋台が開いているから、台所は必要無い、と言う考えもあるとか。



P1130339.jpg



なにせタイの女性は働き者で屋台や売り歩きをしている(バンコクとかの都会で)女性が多いため


屋台でおかずを買って、家で炊いた米で食べる、と言う食文化があるのよね



P1130336.jpg



と、買い物を終え、ウンチク並べながら向かった先は


オシャレなカフェレストランを併設している




P1130341.jpg




日本人経営でバンコク駐在妻さまの評判が高い「マッサージ&スパ バニラ」でございます




P11303441.jpg




薄暗い2人専用スペースでのタイマッサージは


さすが日本人好みの力加減を熟知しているとあって


「サバーイ サバーイ」の連続でしたが


同行者は足に疲れが出始めたせいか「ウゴッ・・・ンゴツ!」と終始唸っておりました




P11303421.jpg


 ̄m ̄ ふふ





体も軽くなったところで再び電車を乗り継ぎ


ワンコもくつろぐサトーンの船着場に到着し




P1130349.jpg



今日の乗り場はホテル専用送迎シャトルボート乗り場




P1130353.jpg




リバーサイドに建つリゾートホテル、高級ホテルは交通の利便のため(BTS駅まで遠い)


複数のボートが1日中、ホテルとサトーン船着場を往復しています





P1130355.jpg



ホテルのボートが到着するとその旨(ホテル名)告げられ



お気をつけてご乗船下さい、マダム(マダム、は言ってない 笑)とエスコートされ



P1130357.jpg




ボートはほどなく出発し




P1130358.jpg




急いで一番前に座る管理人




P1130362.jpg



3人しか乗っていないってのに

(ったくバカだね)


( ̄m ̄〃)ぷぷっ!




P11303691.jpg






今夜の飛行機で帰るのよね~


もうちょっとゆっくりしたかったわ~


(時間があってもゆっくりできないくせに←予定をギッシリ詰め込む癖あり)



P1130361.jpg



そうすればあちこち見られたのにね~


デモのおかげで予定通り行かなかったしさ~


(そのおかげでネタが増えたことは忘れたのか?)



P11303771.jpg





などと、罰当たりな愚痴を言いかけたところで




P11303641.jpg





もう目的のホテルに到着




P1130373.jpg



乗船時間およそ3分、距離の短さに物足りなさを感じると共に


快適な乗り心地にもう1度サトーン(船着場)に戻ろうかと思いました



( ̄w ̄) ぷっ




P1130375.jpg



時刻はお昼ちょっと過ぎ


スタッフ様でさえ思わず手で遮るほどのギラつく太陽の中


別世界とも言える場所へ向かうべく


「マダムお気をつけて」と手を差し伸べられて船を下りたのでした。

(マダム・・・確かそう聞こえたような・・・思い込みかな?←そーだよ 爆)



P1130379.jpg


ようやく最終日、それも午後、さすがにあと1回で終わる、かも?


と微妙な言い回しで次回に続く


( ̄m ̄〃)ぷぷっ!



関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?