FC2ブログ

お義母さま

 01, 2015 16:27


八月一日



朝からジリジリと照りつける太陽の中




IMG_2811123.jpg



出来れば涼しいところでリフレッシュ出来たらいいのにな、などと叶わぬ願いもむなしく



複雑な思いで北陸新幹線に乗り込み




IMG_2814.jpg




上野~大宮~長野、と車窓からの風景を楽しむ間もなく



わずか1時間と18分で長野駅に到着




IMG_2896.jpg






この日、街は市民総和楽・総参加をかかげる長野市民の夏祭り「おびんずる祭り」で賑わっている中




「何で来てしまったんだろう、出来るならこのまま帰ってしまおうか」と後悔がふと頭をよぎりました。






IMG_2875.jpg



思えばそれはお義母さまからの1通の手紙が始まりでした




「○○(←オット)はチロルさんと結婚して幸せだったのよね、そう思うようにします。」




IMG_2834123.jpg




このなんとも意味深な言葉の裏にはお義母さまの深い思いが隠れているのが見て取れ



お腹を痛めて生んだ我が子に先立たれたやりきれない思いが詰まっており





IMG_2832.jpg




妻と母親の考えの相違をまざまざと思い知ると共に




表には出せない言葉を心に仕舞いこみ一人で悲しみ、苦しんでいるのではないだろうか、と察し





IMG_2843123.jpg

(さてここで問題です。  この字の中には何羽の鳩が隠れているでしょう)





手紙への返事を書いた後、自分の辿ってきた思いも告げたくて



お義姉さまとも相談しお義母さまと二人きりでお話しすることになったのです。




IMG_2837.jpg




クラー嫌いのお義母様は北側のお部屋の弱風の扇風機の前に座り




久しぶりね、と穏やかに話し始めました。




IMG_2831.jpg




そしてその次の瞬間マシンガントーク質問は始まりました。



「ねえ、何で病気になっちゃったの?」




「もちろん付き添いはしてくれたんでしょ?え?しなかったの?




あ、そうなの・・・




わたしね・・・




チロルさんがね・・・









付き添いに疲れて今頃ぶっ倒れているんじゃないかと思ってたわ



( ̄□||||!!






IMG_2846.jpg




私はその場でぶっ倒れれば良かったのですが



学芸会でも端役しかもらえなかったほどの演技しか出来ない不器用な嫁ゆえ





IMG_2855.jpg




更に、容赦なく入ってくるお言葉を受け流すことも出来ず




チクチクと無造作に刺されても我慢する針山の気持ちがわかる様な気が致しました。






針山


(爆)



そうこうしているうちにお義母様のネタも尽きましたので



普通では考えられない位の何でもあり何でもOK、的な病院生活を送っていたことなどを話し



少しでも安堵して頂ければと思ったのですが





IMG_2861.jpg




何故か無表情のままのお義母さま




え?聞いてなかった?



もしかして私の話が理解できない?




のではなく











聞こえていない振り





ではないか、と推測されまして・・・




明らかに嫁の負けだったのでございます。(ってか、勝つ気ないし)




ナンマイダ- L(-_-)_/☆Ω チーン


(後半へ続く)

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?