FC2ブログ

姉妹でバンコク  59バーツの幸せ

 01, 2016 23:59
 

列車が通過した後は


パタパタと手際よくテントが広がります。




めーくろん21




手際よく




めーくろん22




パタパタと。









ど~したんだ~!








めーくろん23

Σ(▼□▼メ)





ここで「特等窓へばりつき」は



後ろで待っている方々と交代になったので




座席に戻り窓からの光景を撮ることに。






メークロン61





と言っても市場はわずか200m






メークロン5




既に100mは過ぎているはずなので




メークロン7





残り100mの雰囲気が少しでも解るように撮りたくて





メークロン75




顔半分はみだしてカシャカシャやっていたら(連写モード不使用)






メークロン76




いきなり光景が変わり




メークロン77




危うく頭が取れちゃうところでした。
(バカだね)




メークロン8


( ̄m ̄〃)ぷぷっ!




すると再び光景が変わり




エビの養殖場や



メークロン9
(海老を求めてコサギがわんさか見える)



のどかな風景



メークロン78



無人駅




メークロン12
(タイの鉄道駅は改札口が無く、誰でも自由に出入りできる)





塩田




メークロン11




そしてまた駅を過ぎ





メークロン13





4つ目の駅で下車し




メークロン14




乗ってきた列車を撮り終えるのを待っていてくれたかのように





メークロン79



サワッディーカー(さようなら)と手を振ると電車は静かに走り出し





メークロン15




このユルユル感が




たまりませんでした。





prato2.jpg


( ̄m ̄〃)ぷぷっ!








帰りはワンコもくつろぐスーパー(コンビニの大きい版)併設ガソスタ←(このパターンが多い)での休憩も含め



いぬ1




渋滞にはまることなく予定より早くチットロムに到着したので




メークロン17



食べ損なった(?)お昼ごはんを食べ



ハイナンチキン






2010年に起きたデモで


同じビルの伊勢丹が消失を免れたのは










入り口前に鎮座するこの像の功徳ではないか、と言われている



霊験あらたか、財産・商業の神様ガネーシャさまと




ガネーシャ1




ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァが、三神 一体となった


恋愛の神様、トリムルティさまに参拝し(今更何をお願いすると言うのかww)





ガネーシャ2




空中連絡通路(高架通路)から



エラワン祠のブラフマー神にも最後のお願いをし
(何度すれば気が済むのか)





エラワン祠1





バンコク最後の夜のお楽しみ「至極のオイルマッサージ」は



隣で施術している妹の寝息(イビキではありません)が気持ち良さを物語っていました(笑)




マイスパ1





そして大満足のうちに夕食を終えホテルに戻り




バジリコ1



「ねえねえ、これって159かしら」


「それとも59かしら、どう思う?」




バジリコ2



「そうね~、紛らわしくて解らないわね~

売り場まで行って確かめてくる?」





バジリコ3




「それは無理よ、今日は日曜日だからお客様が並んでいるじゃない」





バジリコ4




「じゃあ後から文句言われないように59にしておく?」



「それがいいと思う、だって見た感じ、すっごくうるさそうな日本人だもの」





パラゴン1




と言う会話(レジスタッフ2人)だったかどうかは解りませんが




パラゴン2






冷蔵庫から激旨マンゴーを取り出し



「明日は帰るだけだから」



を理由に果てしなく盛り上がるのでした。



パラゴン3


試食してみたら、あまりの美味しさに、違うゾーンでのんびり買い物をしていた妹を探し出し


強引に試食させた(迷惑だね)と言う、写真ではあまり伝わりませんが


旅のナンバーワンに輝く程美味しかったのは59バーツで買えたからでしょうか(多分そうかと)


( ̄m ̄〃)ぷぷっ!



ってことで次回は早くも(早い?)最終回、サワッディーカー。







関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?