FC2ブログ

なんちゃってレシピ

 23, 2016 15:07
 


このようなメールを頂いたのですが


meru723.jpg



文字でお返事するより写真もあったほうがいいかと



レシピなど不必要なことは承知しておりますが日記にしちゃいました(単にブログネタにしたかったのでは?)



panda62.gif




まずは枝豆のサヤの片方を熱が入りやすいようにチョン切り 


塩水で産毛を擦り取りザッと水をかけ産毛を流し


一つまみの重曹と荒塩、100ccのお水を入れた鍋に枝豆を投入し


蓋を閉め、中火にかけ、完全にお水が沸騰してから5分間そのまま加熱し
(吹き零れに注意)


5分経ったらお豆がホクホクと煮えていることを確認し
(若干固めでもOK)




hitasimame1.jpg




タップリの水を張ったボウルに移し荒熱を取り




hitasimame2.jpg



豆だけサヤから取り出して
(薄皮は煮れば取れて浮いてくるので気にしない)



hitasimame3.jpg




あらかじめ別鍋に濃縮出汁(追いがつおつゆ、とか)を薄めに希釈し


酒少々、顆粒かつおだし(本だしとか)、と昆布出汁を加え(コクが出る)


このまま飲むにはちょと味が濃いけど麺を食べるには薄いのよね~


ぐらいの塩分濃度が目安、ってのはどうでしょう(解りづらいかも 汗)



kobudasi.jpg




そして軽く煮立てたところへお豆を入れ(出し汁はお豆が隠れるぐらいに)



hitasimame4.jpg



灰汁が出たらすくい取り、蓋をしめ、コトコト煮ること5分



hitasimame5.jpg



煮上がったらそのまま冷めるまで自然放置し


浮かんでいる薄皮を取り除けば毎日でも食べたい浸し豆の出来上がり~.゚+.(・∀・)゚+.



hitasimame6.jpg


若干小粒ながら甘くて柔らかく、茹でている匂いがさらに一層食欲をそそる茶豆風味の「湯上り娘」


関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?