FC2ブログ

癒しのタイランド  カオヤイ国立公園 前編

 09, 2017 16:06


バンコクから205km



車でわずか3時間(とガイドブックには書いてある)



希少動物、生物の生息地としても知られ



今やタイの軽井沢とも呼ばれているタイ最古の国立公園



カオヤイ国立公園への内容盛りだくさんのツアー(1日)に参加するため







kaoyai.jpg



朝からガッツリ



1119朝食




昨日の失敗を踏まえこの日は無難なパパイヤとメロンをお腹に詰め込み



世界各国から15人あまりとガイドさま2名(英語・日本語)を乗せて出発です。




1119デザート




オブジェ大好きタイ人ゆえ、どこでも「ワイ人形」が見られ



ガソスタ




無駄に広いガソスタに必ずと言っていいほど設置してある




ガソスタ2



コンビニのドアの前には


これまた必ずと言っていいほどワンコが寝そべっている光景が見られます。
(涼しいからね)



ガソスタ3




途中、お昼御飯に使う食材を調達するため




いちば3



市場に立ち寄ったのですが



いちば2



一番楽しんでいたのは


ゲテモノを持ち、お客様の反応もさほどないのに


なぜか嬉しそうに笑っているガイドさまだったり致します。




いちば1



最初のスケジュールは「牛車に乗って散策」


「タイの松崎しげる」さんに帽子をかぶせて頂き




すいぎゅう1




お尻にお肉(脂肪)がたっぷり付いた管理人が


運転席(?)に座りロープを引くことに




すいぎゅう2



山の向こうはカンボジア



のどかな田園風景の中



牛車に揺られる貴重な体験をしましたが



牛車から降りる際、いたる所に落ちている牛さんのを踏まないよう



草むらを見つめ、恐る恐るつま先で歩いたのも良い思い出になりました。
(なるかいっ)



( ̄m ̄〃)ぷぷっ!




すいぎゅう3



カオヤイ国立公園ではトレッキングの予定なので


その前に「観光客参加型ランチ」のため宿泊施設もある果樹園に到着し


作りたい人は自由に調理に参加出来ると説明を受けましたが



1119ランチ3
(激辛ソムタム)




体験出来る人数は限られているので







1119ランチ1
(ここでもお客様より楽しんでいるガイドさま)




世界平和のためにも




1119ランチ2
(信じられない量のサラダオイルを投入して作る空芯菜炒め(バックブーン・ファイデーン))




他国の方々に楽しんでいただきました。
(何それ)



1119ランチ7




お料理はね



1119ランチ4



良かった~




1119ランチ5




朝、ガッツリ食べておいて。



(; ̄ー ̄A アセアセ・・・



1119ランチ9



で、スープばかり飲んでいる管理人を見かね




1119ランチ8




自分のバナナを差し出してくださった姉さんには今でも感謝の気持ちで一杯です。



1119ランチ6
(管理人的に美味しかった野菜スープ)




食事も終わり再びバスに揺られ10分


カオヤイ国立公園に到着し


滝を見るためのトレッキングは


まるでジャングルの中。




滝1



いつ割れてもおかしくないほどギシギシと鳴る橋を渡り



たき2




何も出てこないよう(虫とか)祈りながら歩き



たき3




千と千尋の神隠しみたいな所をすり抜け




たき4
(昔、この先で象が川に落ちたため設置された杭)




この辺りから川の流れる音が聞こえてきて




たき5



滝はもうじきかな?



と思った矢先



立ちはばかるような急階段が目の前に




たき7





ひぃ、200mも上がるのか~



でもここまで来たんだから頑張ろう



と、翌々日の筋肉痛を覚悟しながら上ると





たき8




待ち受けていたのは




試練の下り階段




Σ(|||▽||| )



たき9
手すりに掴らなくちゃ降りられない




そしてようやく滝の見えるところまで到着したころには




たき10




意識が若干朦朧としていたと思われます。



( ̄m ̄〃)ぷぷっ!





たき11




降りたら上る



これあたりまえ





たき12





出来ることなら子供の体力を少しだけでも分けてもらいたかったです。



( ̄m ̄〃)ぷぷっ!





たき13



あ~、なんて空が綺麗なんでしょう



と違うことに気持ちを紛らわせ




たき14



全身汗だく


ガクガクの足を引きずり


集合場所へ戻ると



ガイドさんから「お疲れさまでした、はいどーぞ」とお絞りとともに手渡され



この世にはビールより美味しい飲み物があるのだと知ったのでございます。



たき15

カオヤイ後編に続く



関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?