FC2ブログ

癒しのタイランド ワットパクナム エメラルド色の世界観 

 14, 2017 16:18
 
 
帰国を翌日に控えた4日目の朝


起床時間を30分遅らせての朝食は




20161120朝食2



栄養バランスだけではなく



カロリーも無視の一皿でございます。



(゚∀゚)



20161120朝食1
(真ん中のコップに入った白いのは、絶品お代わり必至のトロトけるプレーンヨーグルト←タイはヨーグルトも美味しい)



食後はプールでひと泳ぎ


するわけでもなく


プールサイドで非日常のひととき(5分位←短っ!)を味わったなら



シェラトンプール1



バッグ抱えて今回のお楽しみベスト3に入る場所へと電車で移動



向かった先はBTSシーロム線終点の1つ手前ウッタカート駅




ワットパクナム12



ホームからは目的の仏塔が見えており



歩いても20分ぐらいで到着するとのことですが




ワットパクナム35




地上に降りれば当然仏塔は見えなくなり



勘を頼りに朝から歩き回るのもしんどいので



ワットパクナム11


事前にタクシーもしくは*モタサイ(モーター サイクルタクシーの略 
荷台に人を乗せて距離に応じて走る一人乗り用タクシー、ただし乗客はノーヘルメット)


どちらにするか姉さんに相談したところ


「バイク?や~よ、そんなの怖いじゃない、絶対乗れないわ」


と仰ったので駅の階段を降りタクシーを捜すも1台も見つからず


タクシー乗り場もないような感じの駅前広場でどうしようかな、と思ったら


ちょうど道路の反対側から「どうしたの(もちろんタイ語で)?」と声を掛けられたので


地図やら写真やら事前にプリントアウトしたものを見せると


「あ、解った!30バーツでどう?」


と言ってくれたので恐る恐る姉さんに


「モタサイが30バーツで行ってくれるらしいけどどうします?」と聞くと


「え?30バーツ?」








「乗る乗る♪」




と言う訳で姉さんは男性の後ろに


管理人は女性の後ろにしがみつき(結構なスピードだった)





モタサイ
(オレンジ色のチョッキは警察の各管轄毎に登録され支給された正規のモタサイの証)




6~7分ぐらいかかったでしょうか



無事目的地「ワットパクナム」に到着でございます。





ワットパクナム2



敷地面積が大変広く


日本とのつながりも深く日本の成田には別院があり



ワットパクナム3



大仏塔の先端には100キロの金で作った宝珠がそびえ



ワットパクナム28



一辺の幅52メートル、高さ80メートル




ワットパクナム21




四隅に几帳面(角柱の角につけた面の一、角そのものは残すように、両側に段をつけたもの)を取った四角形の仏塔であり




ワットパクナム22



タイ国王陛下(プミポン国王)72歳誕生日のお祝いとして8年もの歳月をかけ


2012年に落成されたタイの巧妙な建築芸術が光る仏塔なのです。



ワットパクナム29




もちろん・・・




もれなくワンコも・・・




ワットパクナム4





寝ています(笑)




ワットパクナム31




内部は5階建てになっていて土日、仏教の祝日だけエレベーターが稼動するとの事ですが



そのことは、さっきパンフレットを見て知りました(行ったのは日曜日)



(-∀-)



1階は数多くのタイ芸術品や文化遺産が展示されていましたが




ワットパクナム6




「豊富」の2文字に惹かれ



wattopakunamu.jpg



動物の口に小銭を入れまくる2人






ワットパクナム5



が、ご利益はまだない・・・。





( ̄w ̄) ぷっ




ワットパクナム32




2階は儀式行事、会議、瞑想をするフロア




ワットパクナム8




3階はソムデットプラマハーラッチャマンカラーチャーン博物館




ワットパクナム23



と言うか眩いばかりの「金ぴか博物館」




ワットパクナム7
(金ぴかばかりで撮影対象が選べなかった 笑)


4階のルアンポソッド師(どなた?)の金製仏像は


何重にも重ねられたガラスの向こうに。




ワットパクナム34
(くそっ、望遠レンズがあれば←あっても無理かと)




そして5階には



どうしても見たかった仏舎利塔を写すべくカメラを構えた管理人の前を



フツーに通り過ぎる姉さんが・・



( ̄w ̄) ぷっ



ワットパクナム27




仏舎利が奉安されているこのエメラルド色の塔の天井は



ワットパクナム20




まるで星空のキャンパス。




ワットパクナム36




開館と同時ぐらいに入ったためお参りの人もほとんどおらず




ワットパクナム37



この幻想的な世界を2人占め



うふ♪(* ̄ー ̄)v





ワットパクナム25




朝陽を受けて輝くナーガ




ワットパクナム16




天井の壁画は仏陀の生涯図




ワットパクナム19




床は総大理石




ワットパクナム133




エアコンも完備されていて



どんだけいたのか仏塔に(軽く2時間はいたかと)



( ̄w ̄) ぷっ





ワットパクナム9
(対岸にも不思議なお寺があるそうな)



帰りはちょうどお参りにいらした方がタクシーを降りたのでそのまま乗り込みましたが



モタサイが来たら絶対に率先して乗るだろうな~、姉さんが。



とちょっと思った管理人だったり致します。






ワットパクナム10


いよいよ次回は最終回(のはず?)



( ̄w ̄) ぷっ

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?