2017_07
25
(Tue)16:54

“う”ランチ 



江戸時代のこと



うなぎ屋がうなぎが売れなくて困っていることを、平賀源内に相談したところ



「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」



という平賀源内の発案が功を奏し、うなぎ屋は大繁盛になったのですが



その背景には「丑の日にちなんで、“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない」



という風習があったからと言われています。




ということで、か細い(どこが?)姉妹は



ひもじい生活暑さに負けぬよう



“う”から始まるランチを選んだのでした。






runch724.jpg
(ウナギ・牛(肉)・うどん(細)のトリプル“う”ランチ←何それ )



( ̄m ̄* )ムフッ♪


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック