FC2ブログ
2018_04
01
(Sun)07:56

プチ体験旅行in長瀞 後編

 


地質学的にとても珍しく1924年には国指定の名勝・天然記念物に指定された岩畳は



srv51.jpg





南北方向にのびる垂直の割れ目(節理や断層)にそって、岩がはがれ落ちて形成されたと言われています。









kawa1.jpg




岩畳ではありませんがホテルから歩いて2~3分




オートキャンプ場の端にある小道を抜けるとそこには




iwad1.jpg





美しい景色が広がっています。





iwad2.jpg




その景色に見とれシャッターを押していると、B組の一人が呟きました





「さ、さむい、寒くて耳が千切れそう・・・」と。





kawa33.jpg




それは、一番冷え込む日の出前に「散歩へ行かない?」と誘い





「うわぁ~!ほらほら~、お日様が顔を出して綺麗よ~」




と一人はしゃぐチーム能天気首謀者(首謀?←そーだよ)への警告でだったのでございました。





(; ̄ー ̄川 アセアセ




isida1.jpg




部屋へ戻るとすでにドアの前には淹れ立てコーヒーが用意されておりましたが




コーヒーを飲んだぐらいじゃ追いつかないほど冷えていましたので




cofee2.jpg




階段を降り




srv3.jpg




アンティークオブジェを眺めながら




khuro7.jpg




更に階段を降り




khuro6.jpg





オシャレな絵画の横にある




khuro5.jpg




ドアにかかっている札を




khuri3.jpg




ひっくり返し




khuro4.jpg




小窓から射す優しい朝陽とステンドグラスの光を浴びながら




khuro2.jpg




ジェット付き家族風呂(温泉)にいつまでもいつまでも浸かったのでした(温泉卵じゃないんだから)





( ̄m ̄〃)ぷぷっ!




khuro1.jpg




気が済むまでお風呂を堪能した後は




ステンドグラスと





asag11.jpg




アンティークオブジェ




asag10.jpg




そして立派なお雛様




asag9.jpg




を眺めながらの朝食は




夕食同様お野菜中心。





asag1.jpg




前夜、リクエスト(白米かおかゆ)した清らかなお水で炊かれたおかゆは体に染み入る優しさ





asag2.jpg





セラヴィ特製野菜味噌をお野菜などに合わせた朴葉焼き





asag3.jpg





同じく前夜チョイス(生卵か卵焼き)した卵焼きと鰆の西京味噌焼き





asag5.jpg





絶品御出汁で炊かれたお野菜





asag6.jpg





デザートは長瀞の甘~いイチゴと清美タンゴール





asag8.jpg




前夜、お料理を残さず食し




はちきれんほどのお腹具合にあれほど苦しんだというのに




学習能力のなさからゆえ




再び同じ思いをする管理人。




( ̄m ̄〃)ぷぷっ!




そうこうしているうち悲しいかなチェックアウトにむけ帰り支度をしなくてはなりません



(T_T) 





srv5.jpg




まだまだくつろぎたい気持ちをグッと抑え(どんだけくつろげば気が済むのか)




後ろ髪を引かれる思いでチェックアウトを済ませ





srv6.jpg






「またのお帰りをお待ちしております」とオーナーさまに見送られ






srv7.jpg





ガラス工房に立ち寄り前日作った(自力で作ったのは1割くらいの)ガラス作品を受け取り






sousou1.jpg






次なるプチ体験スポットは乗馬。




馬にのってのんびり散歩。




に向かう途中




A組から信じられない言葉が・・・








boku3.jpg
クリオステーブルさま





「あ・・・







部屋のカギをもって来ちゃった!」








へ、部屋の鍵?




持ってきちゃっただと?




マジ!?






がーん





仕方なく乗馬体験をサクッと終わらせ






boku1.jpg




途中、今回の旅のメインイベントとも言える





お金儲けの神様「銭神様」に参拝でございます。





hiji2.jpg




何度も何度も何度も何度も参拝し(しつこいね)




絵馬いっぱいにお願い事を書き込んで



神様もあきれるほど再び参拝にいそしむ管理人(バカだね)




( ̄m ̄〃)ぷぷっ!





hiji3.jpg
聖神社




散々お願いをしたせいかスッキリした気持ちでホテルに鍵を返し





ser1.jpg




最後のプチ体験は



一瞬、ここはバンコクか?



と思ったほど死んでいるように寝ている犬が出迎えてくれた




toug2.jpg




陶芸体験工房でございます。



toug1.jpg
一隅舎 さま
 




宮﨑 駿先生似の優しい先生が



「ほら、こうしてね」





toug3.jpg






「こうするとね」






toug4.jpg




「出来上がりだよ、はいやってみて」





toug5.jpg





・・・



・・・



はい、やってみて、って・・・










toug6.jpg





粘土を広げたまま固まる管理人






aseuso.jpg





何を作るのか趣旨も決まらぬまま撮った画像を確認しながら粘土を立ち上げ





toug7.jpg




結局、思い付いたのはレモン型の花器と





toug8.jpg




花型の小さな花器。




他にも作るものはあったろうに花器以外は思いつかなかったと言う




想像力の乏しさ全開のプチ体験を終え




toug9.jpg





1か月後に来るときは何をしようか




と思いを馳せたのでした(えっ?)





( ̄m ̄〃)ぷぷっ!





ばいばい1


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック