2018_04
28
(Sat)15:53

秩父巡りは駆け足で 雨後春筍



明治6年に廃止されたものの今でも年中行事の一環として定着している「五節句」


 

4srv8.jpg



五節句の「節」というのは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目のこと。



4srv12.jpg




この中国の暦法と、日本の農耕を行う人々の風習が合わさり



定められた日に宮中で邪気を祓う宴会が催されるようになり「節句」といわれるようになったのです。





4srv16.jpg



また、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うという目的の五節句は奇数の重なる日が選ばれていますが



1月だけは1日(元旦)を別格とし、7日の人日(じんじつ)を五節句の中に取り入れています



4srv15.jpg


1月7日人日の節句

3月3日上巳の節句

7月7日七夕の節句

9月9日重陽の節句

そして5月5日端午の節句



4srv17.jpg




「端午の節句」は「菖蒲〔しょうぶ〕の節句」とも言われ



強い香気で厄を祓う菖蒲やよもぎを軒(のき)につるし、また菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。



4srv14.jpg





また、「菖蒲」を「尚武〔しょうぶ〕」という言葉にかけて






4srv18.jpg




勇ましい飾りをして男の子の誕生と成長を祝う「尚武の節句」でもあります




4srv19.jpg



そして、龍がついたり勝ち虫のトンボがついたり御紋がついたり、と



4srv3.jpg





いろんな兜や五月人形たちで館内が賑やかなセラヴィで


 


kyan6.jpg




チェックインは秩父産茶葉使用の香り豊かなアイスティー。




srv1_20180428155143dd8.jpg




漆塗りの上に金蒔絵、鳥に似た音を出し鳥を呼び寄せる道具「バードコール」が付いているルームキーは


漆作家の山本冨士雄氏の貴重な作品。




roomkey.jpg




開け放たれた窓からは初夏を思わせる爽やかな風が通り抜け




4srv7.jpg




早朝から動き回った体をソファに預けると




4srv1.jpg




panda82.gif




遠くからかすかに聞こえてくる川の流れる音が。




4srv6.jpg



とても嵐のDVDなど観る雰囲気ではありません。
(実際はNHKを見ていた←姉さんとの旅行中はNHK以外見られない 笑)



tv11_20180429165746583.gif





4srv2.jpg





ので見飽きるほど観ているいつもの構図に(爆)





4srv5.jpg





もちろんこちらでも





4srv9.jpg




毎度毎度しつこいほど載せている構図ww




4srv11.jpg



そうこうしているうちレストランに灯が点り





4srvd2.jpg




卯月のお献立 「雨後春筍」の始まりでございます。




panda11_201804291657486a6.gif



歩いて30秒のセラヴィの無農薬畑で育てている、四季折々のお野菜や地元野菜中心の食事は






4srvd1.jpg
前菜 (グリンピース寄せ アスパラ煮卸し 焼き蚕豆 こごみ梅肉合え あずき菜浸し)




“体の健康”をコンセプトに、朝・夕食で40 種類の野菜が摂れるようメニューに組み込み




4srvd5.jpg
椀物(道明寺桜蒸し 百合根 桜花 わらび 花びら大根 絹さや)




夕食は素材の味を引きだしたヘルシーな会席料理。




4srvd6.jpg
御造り(筍 鯛昆布〆 つま彩々 ハス芋 山葵)




には、ソーヴィニヨンブラン主体の白ワインを♪






4srvd7.jpg






もちろん食前酒(桃のお酒)と麦酒も頂いていますがww





4srvd8.jpg
焼物(蕗のとう豆腐 蕗のとう佃煮 ふき 行者にんにく胡麻よごし 春キャベツと野蒜ゼリー寄せ はじかみ スモークチーズ)





そして忘れちゃいけない上州牛を





4srvd10.jpg




ミディアムレアに焼き上げれば



4srvd11.jpg




メルロ主体の赤ワインのご登場でございますww



4srvd9.jpg




気がつけば外は夜の帳が下りた頃。




4srvd14.jpg




古伊万里・柿右衛門などのレアな器に盛られ





4srvd12.jpg
蒸し物(新じゃが饅頭 人参射込み 平茸 赤ピーマン 法蓮草 わらびあん おろし生姜




見て楽しめ食べて美味しい宴は更に続き




4srvd13.jpg
強肴(日向鶏塩焼き 牛蒡 エシャロット もみじがさ ピンクペッパー)




桜塩で頂く




4srvd16.jpg




あっさりとした食材の揚物には





4srvd15.jpg
揚物(新玉葱 よもぎ 白魚)




ソムリエさまにお勧めいただくままにこちらを。



4srvd18.jpg
屋久島焼酎 酔ふよう(すいふよう)




そして口替りの後の食事とデザートははお部屋でどうぞ、と。




4srvd19.jpg
口替り(苺とクレソンサラダ エンダイブ 紫キャベツ くるみ)




結果、再び白ワインに戻り(いつまで呑むのか)





yashoku_20180428155145bb9.jpg
食事(筍ごはん 香の物 赤だし) 甘味(ういろう 蚕豆きんとん)




気がつけば雨後春筍のごとく静かな寝息が響いたのでしたww



4srv4.jpg



*「雨後春筍」


雨が降った後に沢山生え出るタケノコのように数が多いことから転じて

同じような事物が次から次へと勢いよく出現したり、 盛んに発生したりすること。.


..

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック