FC2ブログ

日帰り箱根路はアジサイと電車とお風呂とビール

 13, 2018 19:16


丁度1週間前のこと



スマホの着信音が鳴り見ると姉さんからだった。




「あのね、箱根のアジサイと電車の写真が撮りたいの」




ああそうですか、気をつけていってらっしゃい、と言いたいところをグッと我慢して(ないけど)




話を聞けば3日後の土曜日に行きたいと。




ajisai1.jpg



アジサイなんて何処にでも咲いてるじゃん、と思いつつ妹は従順なので(どこが?)



はい、解りましたご一緒します、では計画は姉さんが立ててくださいね、とお願いし




あっと言う間に当日はやって来て




予定の電車に乗りこもうとするもかなりの混雑振りに




「んじゃグリーン車乗っちゃおうか」と。





ajisai4.jpg




もちろん従順な妹は逆らうことなど出来ませんので乗り込むと




greensha12.jpg




「昨年行ったときのだけど参考にどうぞ」と箱根登山鉄道のパンフレットを渡され




電車の乗り方や撮影スポットなどなど熱く語っているのを聞いて(半分ぐらい)いるうち






greensha_20180613161853a5d.jpg




景色はどんどん移り変わり




kawa11.jpg



海が見えてきた!





odawara_20180613161900a3d.jpg




と思った数分後「右に見えるのが箱根連山よ」と百名山を制覇した姉さんが教えてくださり




odawara3.jpg



あっと言う間に小田原に到着でございます。




odawara4.jpg




ここから電車を乗り換え箱根湯本まで向かうのですが




hakoneyumoto.jpg




天気はピーカン晴れ(姉さんと出かけるときはいつも晴れ)





odawara6.jpg






当然気温はグングン上がり、厚めに塗った日焼け止めとファンデーションが




雪崩状態にならないかと朝から心配で仕方がなかった管理人(きみまろ様のネタになっちゃう 笑)





odawara2.jpg





おりしもアジサイ祭りが開催されているとあってほぼ満員の登山電車に揺られ





hakoneyumoto5.jpg





ふと目に映ったのはつり橋、こんな高いところにつり橋があるなんて


(のちにつり橋は旅館に行くためだけに作られたと知る)




turibasi2.jpg






と一つ目の駅を過ぎスイッチバックの場所に差し掛かると電車はスピードを落とし



そして止まり、見れば先ほど渡ってきた鉄橋とつり橋が見えるではありませんか




ajisai13.jpg





ああ、姉さんが写真を撮りたいと言っていたのはこの景色なんだ





でも行くの大変そうだし第一山道(登山とか)苦手だから何も言わないでおこう、と貝になる妹ww






oohiyadai.jpg




数分後、目的の大平台駅に到着




時刻は11時を過ぎた頃








ajisai3.jpg




濃い新緑が太陽光線によって反射した車体がとても美しく





ajisai7.jpg




ホーム脇にひっそりと咲いているアジサイを撮っただけで満足してしまった妹ですが




ajisai9.jpg





「こっちよこっち!」




densha3_20180613161843ab7.jpg




と階段を上り、姉さんの後を歩くこと3分ぐらい
(後にホームからここまで数十秒の道があったことを知る 笑)




densha4_20180613161845a8c.jpg




ジリジリと太陽が照りつける中、電車を待ち受ける姉妹。




densha10_2018061316184940a.jpg




上ってくる電車下っていく電車



densha8_201806131618487eb.jpg




両方を撮りたいがため



densha5_2018061316184786d.jpg




小道を降りたり上ったりの連続に




densha1_20180613161842ffe.jpg





日陰から一歩も動くことが出来なくなった妹。




一方「撮れた~撮れたワ」と嬉しそうにVサインをするタフすぎる姉。




wwwwww





densha22_201806131618527bb.jpg





一通り撮って納得したところ(姉さんが)でお昼と休憩にしましょう、と箱根湯本に戻る途中(1駅だけど)







tounosawa.jpg





駅に直結している深沢銭洗弁天様に参拝すべく



zeniara3.jpg




鳥居をくぐり抜けると同時に森の中に迷い込んだような静寂さが。



zeniara1.jpg




さっきまでの暑さはナンだったんだろう、と思うほど涼しい風が通り抜け



zeniara7.jpg



手を清め、口をすすぎ




zeniara5.jpg




清らかな湧き水で小銭を洗わせて頂きました。




 (-人-;) 





zeniara4.jpg





湯本駅からは送迎バスにて日帰り温泉が楽しめると言う「箱根湯寮」に到着。






hakoyu1_201806131618569dd.jpg





食事と温泉がセットになった割引プランを選び




onsen1.jpg





衣が見事な天ぷらそばを頂き





hakoyu3_20180613161857121.jpg




次は温泉でゆっくりしましょうと露天岩風呂に入っていたときでした。




唐突に姉さんが話し始めました(姉さんはいつも唐突ww)





「私、解ったの」




(; ̄ー ̄)...は?




「写真の撮り方が解ったの」




そう、それは良かったじゃないですか~。




「だからもう一回撮りに行く」







hakoyu4_20180613161858cda.jpg



Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン




撮りに行くって言ったって今から?




「そう、今から。






温泉はもういいわ」








( ̄□ ̄;( ̄□ ̄|( ̄□ ̄||( ̄□||||カガ゙ガーン!!






tonneru1.jpg




仕方ありません、姉さんの仰ることは絶対ですから。






温泉に入って3分しか経っていなくても




妹はいつも従順でなくてはいけません。



(-_- )ヤレヤレ( -_-)o





ajisai27.jpg





急いで着替えを済ませバスで駅に戻り帰りの切符を買い求め
(そうでなければいつ帰れるか解らないから 笑)





電車に乗り込みましたが時刻は午後3時を過ぎていたため電車内はガラガラで





ajisai28_20180613161839b7f.jpg





お陰でトンネル内を撮影できたり






若いイケボの車掌さまのアナウンスをじっくり聞いているうちに駅に到着し






ajisai26_20180613171528006.jpg




「やっぱり西日じゃダメかしら」といいつつ




パワー衰えることなく撮影に励む姉さん。




(゚∀゚)





ajisai32_20180613161841aa2.jpg





さすがスーパーレディでございますww





ajisai23_201806131716548b1.jpg




気がつくと時刻は4時を回っており



帰りの発車時刻まであと30分しかないことに気づき



さすがのスーパーレディも撮影を諦めてくださいましたが



ajisai30.jpg




来るとき、つり橋に人影が見えたため




turibasi5.jpg




こんなところで何をしているのだろう、と帰ってから画像を拡大してみると・・・



もしかしたら来年は姉さんのこんなお姿が撮れるかもしれない、と一瞬思いましたww






turibasi7.jpg




なんとか発車に間に合った姉さんを見送り




楽しかった1日を振り返りると一つだけ不満なこと、それは・・・




romansuka-.jpg




駅から歩くことを考えて3本しか買わなかったこと、だったり致します。




beer1.jpg

(秩父麦酒より口当たりが柔らかだった箱根七湯ビール)





ってことで、今宵も ( ̄ノ日 ̄) グビグビ ですわ~♪





(o ̄ー ̄o) ムフフ

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?