FC2ブログ

ドロドロよりも

 13, 2011 00:00



飽きもせず野菜三昧(笑)








午前中の見所は故宮、遥か遠くに見える天安門を目指します











眠る毛沢東主席を見るため長蛇の列が出来ている毛主席記念堂の前を通り









人民大会堂前に聳え立つ人民英雄記念碑を眺めながら








歩くこと20分強







天安門に到着










地下道をくぐり










橋を渡ります








天安門を抜けると南から北へと伸びる故宮への道が続き



映画ラストエンペラーで紫禁城から追い出される宦官を溥儀が塀の上から見送った場所がありました












ふと見上げると皇帝と皇后がお出迎え?




って・・・




マネキン!それにチャっちい~(爆)








紫禁城への入口となる「午門」に向かうまでは








断ってもひるまず近寄ってくる







物売りの人・人・人・人



ド迫力満点な中国を体感できます








さて、9000もの部屋数がある紫禁城は






古い宮城ゆえに故宮と呼ばれています






また「紫」は皇帝を表し「禁」は一般の人が近寄れない場所を表していたのが紫禁城の由来








24人の皇帝の居城となったこの場所のメインであるのは「太和殿」








台座の中心には北京郊外の房山(50キロメートル)から冬の道に打水をし

凍りついた道を2万人で約1ヶ月かけて運ばれてきた岩で作られた石板があり 








雲の間を龍が泳ぐ図柄の雲龍階石を皇帝は輿に乗って進んだのであります







3分過ぎ辺りからの映像、懐かしい~








5月に盗難事件があったばかりのせいなのか内部公開はされていなかったので




「皇帝の玉座」を見ることはできませんでした








「中和殿」







左右の扉しか開いていないので右からpandaani211.gif



思いっきり柱が邪魔









保和殿






こちらはスッキリ撮れました








この龍頭は雨が降ると、龍の口から一斉に水が噴出す設計になっていて







千龍吐水なる荘厳な光景が出現するというのですが


私的にはここで溥儀が自転車の練習をしていた記憶が・・・







このあたりからルートを変え






観光客の数も徐々に少なくなり








静寂のゾーンへと入っていくと







270枚の瑠璃片で作られた九龍壁が現れます













が、とにかく右を見ても御殿









左を見ても御殿










撮るのに疲れてきました(爆)














そして歩く、まだまだ歩く、歩かなければ出口にたどり着けない





やった!出口だ!






と思ったらそこからまたさらに続く道








あまりにも広くて








そのカート貸して下さい!













と言わなかったので逮捕されずに済みました(笑)









ようやく出口、出た瞬間、再び物売りの人々に囲まれ、すぐさま「バッグは前に!」(笑)







列強が侵略して国土を蝕み、内乱が勃発する不安定で激動の時期を生き









女色やアヘンにふけり結核にかかり、避暑先の熱河で死去した夫の咸豊帝 (かんぽうてい)









そして皇帝の勉学が嫌いで天然痘をわずらい31歳で亡くなった我子、同治帝 (どうちてい)


この2人の死によって大きく運命を狂わされ、強くならざるを得ない状況に陥り










晩年「女は政治に参加してはならない」と側近に洩らし紫禁城で72歳の生涯を閉じた西太后







良家に生まれ、英才教育が施されて才色兼備の誉れ高く、16歳の時正室となったものの









結婚によって悲劇へと転落し、アヘン・不倫の日々へと堕落後、監獄で夭逝した溥儀の妻・婉容











西太后の妹の長男で、5才で即位した後、西太后とは馬が合わず最後は砒素で殺された光緒帝








その光諸帝の寵愛を一身に受けるが西太后に刃向い逆鱗に触れ井戸に頭から投げ込まれ



夜な夜な西太后の枕元に亡霊となって現れたと言う珍妃 









そして8代皇帝の曾孫であり11代皇帝の甥でもありわずか2歳10か月で皇帝に即位させられ









死ぬ間際に「日本のチキンラーメンを食べたい」と言い



波乱万丈の人生を送ったラストエンペラー「愛新覚羅溥儀」









そんな見ごたえ満点、私の大好きな





「ドロドロドラマ」







の舞台となった現場を満喫したのも束の間、夢中で肉まんにバクついていた私でございました








(*≧m≦*)プププw






3日目午後に続く


関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?